特別展Exhibition

はじめにタイトル

 当館では昨年、企画展「やすらぎの文化の脇役たち 〜世界の喫煙具アラカルト〜」という展示を開催しました。そこでは、嗜好品をとりまく「嗜好品文化」を、さまざまな視点で考察し、具体的な形を喫煙具で見るということを試みました。今回は、その背景を踏まえつつ、多種多様にわたる喫煙具の中から、ものを入れるという用途を持つものにこだわり、館蔵の喫煙関係の諸道具、諸什器の中から「入れ物」を選び出してみました。そのほとんどは、たばこを入れておくもので、その時代・地域などにより、同じ用途でありながら、形や素材などのほか、いろいろな違いが見られ、その変化は誠に興味深いものがあります。ものを収納できれば、入れ物というものの用には足りるのですが、いずれを見てもこだわりや工夫に溢れ、一癖も二癖もあるものばかりです。この機会に、入れ物たちの個性に満ちた諸相をご覧いただければ幸いです。

たばこと塩の博物館

 


ホームページへ