特別展Exhibition


MISEMONO
大見世物 Top 生人形 動物見世物 細工見世物 軽業・曲芸 明治の見世物
軽業・曲芸
綱渡り、足芸、曲独楽、力持、曲馬などのアクロバティックな身体芸や技芸を見せるもので、近世後期の見世物では、細工見世物と並ぶ重要なジャンルである。かつての日本の軽業、曲芸は世界的に見てきわめて高いレベルにあり、幕末に海外渡航が可能になると、外国人興行師の差配により数多くの曲芸師が海を渡り、欧米を中心に各地で活躍した。初めに紹介する幕末の軽業スター、早竹虎吉もそうしたひとりである。ここではそのほか、軽業の桜綱駒寿、足曲持の浪花亀吉、曲独楽の竹沢藤次などの著名な芸人たちの世界をお楽しみください。
早竹虎吉 桜綱駒寿 浪花亀吉 竹沢藤次 力持ち
早竹虎吉 桜綱駒寿 浪花亀吉 竹沢藤次 力持ち