特別展Exhibition


MISEMONO
20世紀デザインの旗手 レイモンド・ローウィ
開館25周年記念特別展『大見世物 〜江戸・明治の庶民娯楽〜』
2003年11月1日(土)〜12月14日(日)
大見世物 Top 生人形 動物見世物
細工見世物 軽業・曲芸 明治の見世物

葉 見世物 〜江戸・明治の庶民娯楽〜』は、江戸時代後期から明治初期に至る見世物に着目し、その歴史と実体を探り、ご紹介するものです。江戸時代の「見世物」は庶民にとって最大のエンターテインメントであり、内容・集客規模ともに現在の各種興行を凌駕するものも少なくありませんでした。むしろ、見世物は現在の興行のルーツとして捉えるべきものでしょう。

 また、芸術・文化史的な側面からは、美術工芸品自体が見世物の対象となったり、見世物をモチーフとして描かれた浮世絵や文学作品も多数存在します。珍しいものや美しいもの、素晴らしい細工などを多くの人に見ていただくという点では、現在の博物館や美術館に通じるものがあります。

 この企画では、籠細工、曲芸・軽業・生人形(人形が生きている人間のように精巧に作られたもの)、動物見世物(ラクダ・ゾウ・ヒョウ・トラなど日本に生息していない動物の見世物)、細工見世物(貝、植物などを使って造形)などその他文化文政期以降の主な見世物について、その再現も含め幅広い観点から紹介し、江戸、明治初期の見世物の本来の姿を知っていただくことに主眼を置いたものといたしました。おそらく、このような企画内容の展覧会は、初めての試みかと思われます。四六時中、娯楽に満ちあふれている現在、その娯楽の原点に触れていただければ幸いに存じます。
朝比奈大人形の見世物 画像
朝比奈大人形の
見世物
上野公園風船之図 画像
上野公園
風船之図
浅草奥山生人形 画像
浅草奥山
生人形
一田庄七郎の籠細工を総覧する図 画像
一田庄七郎の
籠細工を総覧する図
開帳仏細工物とんだれいほう 画像
開帳仏細工物
とんだれいほう
期  間 2003年11月1日(土)
〜12月14日(日)
休 館 日 11月3日(月)、24日(月)を
のぞく月曜日と
11月4日(火)、25日(火)
会  場 たばこと塩の博物館
1階エントランスホール
4階特別展示室
開館時間 10時〜18時
(入館締切は17時30分)
期間中毎週金曜日のみ
10時〜20時
(入館締切は19時30分)
入 場 料 大人 300円(150円)
小・中・高校生 100円(50円)
( )内は20名以上
後  援 江戸開府400東京
(江戸開府400年事業
 推進協議会)
NHKプロモーション
イベント
毎週土日及び祝日、適宜開催
「大道芸の開催」
演者:上島敏昭と浅草雑芸団
会場:博物館前庭
「口上(案内)の実演」
演者:上島敏昭と浅草雑芸団
会場:1階エントランスホール、4階特別展示室

その他、講演やパネルディスカッションも随時、開催していきますので詳しくはイベントスケジュールをご覧下さい。

※いずれのイベントも、参加費無料、ただし入館料は必要です。

このページのすべてのコンテンツをご覧いただくには、FlashPlayerが必要です。
ダウンロードできない、または画像が表示されない方は、上のリンクをご利用ください。