特別展Exhibition

過去の特別展・企画展

時代を映す街角のアート 〜日本のたばこポスター 1901-2000〜

時代を映す街角のアート 〜日本のたばこポスター 1901-2000〜
企画展
時代を映す街角のアート 〜日本のたばこポスター 1901-2000〜」
2005年3月5日(土)〜4月17日(日)
20世紀日本のポスター明治たばこ宣伝合戦の時代
商業美術の時代戦争と戦後デザイン始動の時代
高度成長とグラフィックデザインの時代ブランディングとマナー広告の時代
   
20世紀日本の広告史の幕開けを飾った"天狗の岩谷とハイカラの村井"。東西のたばこ王と称された東京の岩谷松平と京都の村井吉兵衛は、様々なメディアを通して、激しい宣伝合戦を繰り広げ、その後の日本の広告界に大きな影響を与えました。その一面を今に伝えているのが、当時最先端だった石版印刷技術を駆使して制作された美しいポスターです。

1904(明治37)年にたばこ専売制が施行されると、たばこポスターは、一時期街角から姿を消します。しかし、1930年代になると、商品としてのたばこデザインの見直しが行われるようになり、戦前の商業美術の発展を支えた杉浦非水やその弟子の野村昇、田中冨吉らによりデザインされたポスターが登場します。また1960年代の高度成長期には、「今日も元気だ たばこがうまい!」「たばこは動くアクセサリー」など名コピーが生まれ、多くのポスターが制作されました。そうしたポスターには、日本のグラフィックデザイン界の先駆けとなった河野鷹思やそれに続く和田誠らのイラスト、樋口忠男、秋山庄太郎ら戦後の広告写真界を牽引したフォトグラファーが撮影した若手女優たちの写真などが採用され、街角を飾りました。そして1970年代後半には、現在も見られる"イメージ広告"の先駆けとなったマイルドセブンの「白いベストセラー」シリーズも登場しました。こうしたたばこポスターからは、それを制作した人たちの個性とともに、彼らが紙上に切り取ろうとした時代も見えてきます。

今回の展示では、ポスターに描かれた時代やその作家たちに焦点をあて、20世紀の街角を飾った日本のたばこポスターを展示するとともに、たばこパッケージのデザインの系譜もあわせてご紹介します。
 
会  場 たばこと塩の博物館
4階特別展示室
開館時間 午前10時〜午後6時
(入館締切は午後5時30分まで)
休館日 毎週月曜日
(ただし、3月21日[月・祝]は開館)、
3月22日(火)
入館料 一般・大学生 100円 【50円】
小・中・高校生 50円 【20円】
【 】内は20名以上の団体料金



ピーコック
NEXT  
みのり   今日も元気だ
たばこがうまい!
  国際的なシルシ
本格派のピース
  私は愛煙家です。
私は、捨てない。
   
【講演・講座・催し物のご案内】
 企画展「時代を映す街角のアート 〜日本のたばこポスター 1901-2000〜」関連講演会
講演会  
3月27日(日) 「“地にはピース”の時代」
講師:和田誠(グラフィックデザイナー・イラストレーター)

※“地にはピース”とは、1961年7月から1964年3月まで、月に1度、数種類の週刊誌に掲載された和田氏イラストの「ピース」広告シリーズを、一冊にまとめた本のタイトルです。

※14時から、1階視聴覚ホールにて開催します。
イベントの参加費は無料(ただし、入館料は必要)。