特別展Exhibition


Social Landscape of the Meiji Era
博覧会
 明治の世相 Topへ戻る
大日本内国勧業博覧会之図 美術館出品之図 「大日本内国勧業博覧会之図
 美術館出品之図」
明治10年(1877)/
大判錦絵3枚続/歌川芳春画
玉川大学教育博物館蔵
博覧会
殖産興業に力を入れた明治政府は、国内各地の産業・産物を把握する一方で、明治4年(1871)から博覧会を開き、その情報の公開、普及に努めました。明治5年(1872)の東京湯島聖堂での博覧会には、名古屋城の金の鯱などをはじめ、さまざまなものが出品されましたが、そこに出品された多くのものは、翌6年(1873)にオーストリアで開催されたウィーン万国博覧会の「日本館」に展示されて、進歩賞を受賞しました。このウィーン万博を手本に、国家的事業として始めたのが、内国勧業博覧会です。内国勧業博覧会は、明治10年(1877)上野公園での第1回から、明治36年(1903)大阪会場の第5回まで行われ、日本の近代化に大きな役割を果たしました。
BACK NEXT