特別展Exhibition


Social Landscape of the Meiji Era
日清戦争を描いた浮世絵
 明治の世相 Topへ戻る
栄口厳寒ヲ冒シテ我軍露営ヲ張ル之図 「栄口厳寒ヲ冒シテ我軍露営ヲ張ル之図」
明治28年(1895)/
大判錦絵3枚続/小林清親画
川崎市民ミュージアム蔵
日清戦争を描いた浮世絵
明治27年(1894)、朝鮮で農民の反乱である東学党の乱(甲午農民戦争)が勃発。朝鮮政府の清国との宗属関係の廃棄問題など、朝鮮の内政不安定が原因となって、日清両国の朝鮮派兵が行われ、ついに日清戦争にまで進展しました。日清戦争が勃発すると、マスメディアとしての機能を生かして多くの戦争錦絵が出版され、沈滞していた浮世絵界は一時に息を吹き返しました。
BACK NEXT