特別展Exhibition


Social Landscape of the Meiji Era
日露戦争を描いた絵はがき
 明治の世相 Topへ戻る
日露戦争を描いた絵はがき 「日露戦争を描いた絵はがき」
明治37年(1904)フランス製
青梅きもの博物館蔵
日露戦争を描いた絵はがき
明治37年(1904)2月に日露戦争が勃発すると、日露戦争を題材とした絵はがきが、国内外において多数印刷されていました。この絵はがきは、フランス製で、「ARTHUR(旅順港は、別名ポート・アーサーと呼ばれていた)」という名の豚に、「さあ、言うことを聞きなさい」と包丁を持って近づく“JAPON(日本)”という帽子をかぶった料理人を描いていますが、これは、日本軍の旅順攻撃が難航していることを比喩しています。
BACK NEXT