特別展Exhibition


Social Landscape of the Meiji Era
明治民営期のたばこポスター
 明治の世相 Topへ戻る
ハッピー(HAPPY) 明治民営期のたばこポスター
わが国で初めて石版印刷で作られたポスターは、東京の渕上利作が、明治14年(1881)に製作したたばこのポスターだといわれています。残念ながらこの実物は現存していませんが、菊版四ツ切り(47×32cm)の大きさで、墨に3原色(赤、青、黄)を加えた4色刷りのポスターであったと伝えられています。明治30年代ころになると石版印刷の技術は、地方の都市にまで普及し、たばこポスターも各地のたばこ会社が、さまざまな作品を製作しています。
「ハッピー(HAPPY)」
明治35年(1902)/縦76.3×横34.4/多色石版
たばこと塩の博物館蔵
BACK NEXT