特別展Exhibition

明治のたばこ王 岩谷松平(いわやまつへい)
壱、薩摩から東京へ 弐、天狗の岩谷
参、明治たばこ宣伝合戦 四、専売制施行とその後の岩谷
  参、明治たばこ宣伝合戦  
  「天狗の岩谷」の名が世間に広まりつつあった明治24(1891)年、京都で新しい紙巻たばこが発売されました。村井吉兵衛製造による両切紙巻たばこ「サンライス」です。その後村井は、「輸入葉たばこ」を使って「ヒーロー」を発売し、さらにアメリカのたばこ会社と資本提携をして「株式会社村井兄弟商会」を設立するなど、順調に事業を拡大していきます。これに対し、“国益の親玉”を自称する岩谷松平は、「国産葉たばこ」を強調するなどして村井に対抗しました。

「東vs西」「赤vs白」「口付vs両切」「和vs洋」など、それぞれが対抗するように行われた宣伝は、当時考えられるありとあらゆる広告媒体を通じて繰り広げられ、明治以降の宣伝広告のあり方に大きな影響を与えていきます。特に村井が、明治34(1901)年、東京に本社を移転すると、その宣伝の応酬は激しさを増し、「明治たばこ宣伝合戦」と称されました。

こうした宣伝合戦の結果、大量に作られることになった紙巻たばこのパッケージは、印刷技術の発展にも寄与していくことになります。
 
 
輸入退治天狗(口付たばこ)
zoom 輸入退治天狗(口付たばこ)
「天狗煙草ポスター」
zoom 「天狗煙草ポスター」
岩谷天狗(見本刷)
zoom 岩谷天狗(見本刷)
 
  村井の登場  
  「銀座名物」岩谷商会  
  BACK NEXT