特別展Exhibition

明治のたばこ王 岩谷松平
特別展 広告の親玉 赤天狗参上! 〜明治のたばこ王 岩谷松平(いわやまつへい)〜
2006年1月28日(土)〜3月12日(日)
壱、薩摩から東京へ 弐、天狗の岩谷
参、明治たばこ宣伝合戦 四、専売制施行とその後の岩谷
  明治30年代、日本一の目抜き通り銀座に真っ赤に塗った店。
「勿驚(おどろくなかれ)税金三百万円」「国益の親玉 東洋煙草大王」と書かれた大看板。自らも真っ赤な衣服に身を包み、したり顔の店主。この男こそ、銀座の名物天狗とも呼ばれ、世間を騒がした明治のたばこ王、岩谷松平(いわやまつへい)(1849-1920)です。

現在の鹿児島県薩摩川内市(さつませんだいし)に生まれた岩谷は、明治10(1877)年の西南戦争で家屋を焼かれたことを契機に上京し、銀座3丁目(現松屋銀座付近)で薩摩の特産品を販売し始めました。また岩谷は、当時外国からもたらされていた紙巻たばこに、いち早く目をつけ、その製造に取りかかります。そして明治17(1884)年頃、「天狗たばこ」を発売しました。まだまだキセルで吸う刻みたばこが全盛であった日本において、岩谷は、“大安売の大隊長”を名乗り、引札、看板、新聞広告など、ありとあらゆる広告手段を使って宣伝を行い、紙巻たばこを大いに広めました。

そして明治30年代、外国のたばこ会社の資本を背景に、日本のたばこ業界を席巻しようとした村井吉兵衛の「株式会社村井兄弟商会」が登場すると、岩谷は「国益の親玉」として村井に対決を挑みます。たばこが専売になる明治37(1904)年まで続いた販売競争は、「明治たばこ宣伝合戦」と称されるほど激しく、明治以降の宣伝広告のあり方、さらには印刷技術の発展に大きな影響を与えました。

この企画では、岩谷松平の生涯と明治のたばこ史を振り返りながら、明治30年代の銀座を中心に繰り広げられた「たばこ宣伝合戦」の様子を、当時の看板やポスターなどでご紹介します。また、岩谷が愛用した「赤服」や銀座の邸宅にあった家具など、近年公開された岩谷家にまつわる資料も展示します。
 
 会  場  たばこと塩の博物館
4階特別展示室
開館時間 10時〜18時
(入館締切は、17時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日
入 館 料 一般・大学生 100円【50円】
小・中・高校生 50円【20円】
【 】内は20名以上の団体料金
企画協力 薩摩川内市川内歴史資料館

軍服をモチーフにしたシルク刺繍の赤服
zoom 軍服をモチーフにした
シルク刺繍の赤服
  NEXT  
     
銀座3丁目にあった岩谷商会の店舗 明治30年代
zoom 銀座3丁目にあった岩谷商会の店舗
明治30年代
「天狗煙草」ポスター 明治33(1900)年頃
zoom 「天狗煙草」ポスター
明治33(1900)年頃
岩谷松平肖像
zoom 岩谷松平肖像
【展示関連講演会・ギャラリートークのご案内】
講演会 2006年2月4日(土)「世紀転換期の起業家たち」
講師:武田晴人(東京大学大学院経済学研究科教授)

2006年2月12日(日)「内国勧業博覧会と実業界」
講師:関根仁(渋沢史料館学芸員)

2006年2月19日(日)「明治期の広告」
講師:坂口由之(アド・ミュージアム東京 企画学芸室室長/学芸員)

2006年2月26日(日)「岩谷松平 遺品の旅」
講師:中村七重(聖徳大学助教授)

2006年3月5日(日)「明治時代の印刷技術」
講師:平野武利(元光村印刷技術顧問/印刷・写真研究家)

※いずれも14時から1階視聴覚ホールにて開催(先着80名)
 参加費無料(ただし入館料は必要)
ギャラリートーク 講演会その他イベントがある日を除く毎週土曜日
15時10分から
(30分程度)
4階特別展示室内で当館学芸員が展示解説を行います。
詳細は当館までお問い合わせください。