特別展Exhibition

幕末ニッポン 〜ハリスと黄昏(たそがれ)の大君(たいくん)の都〜

ハリスと描かれた幕末の人々
幕末の世相と江戸幕府の終焉
2 008年は、日米修好通商条約が締結された安政5年(1858)から150年目に当たります。江戸幕府とアメリカ合衆国との間で結ばれた同条約は、日本が本格的開国に踏み出すこととなった条約であり、締結以後、さまざまな文物が日本に流入し、多くの外国人が来日することになりました。こうした状況を迎え、国内では“尊王攘夷”という思想の下、反幕府運動が高まる一方で、西洋の進んだ文化や知識を得ようとする機運も高まり、日本人の外国(外国人)に対する関心は、それまでになく高まりました。やがてその潮流は、日本の政治体制変革へと大きく流れを転じて、日米修好通商条約締結から、わずか10年後の慶応4年(1868)、江戸幕府を開いて260年以上に渡り日本を統治してきた、徳川家による武家政権は終焉を迎えます。
本展では、初代駐日総領事を務めたタウンゼンド・ハリスに関する資料のほか、幕末の世相を描いた浮世絵や幕末の状況を写した古写真、さらに新発見の資料である「文久日記(文久年間における桑名藩士の江戸滞在記録)」などを中心に、激動する幕末ニッポンの世相を紹介します。
展示関連講演会・イベントのご案内
協  力 株式会社角川春樹事務所
後  援 アメリカ大使館
会  場 たばこと塩の博物館
4階特別展示室
開館時間 午前10時〜午後6時
(入館締切は午後5時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日
(ただし12/24、1/14は開館)
12/25(火)、年末年始(12/29〜1/3)
入 館 料 一般・大学生  100円【50円】
小・中・高校生 50円【20円】
【】は20名以上の団体料金
70歳以上は入館料無料(要証明書)


白頭鷲(アメリカのシンボル)の紋が縫い込まれた生地
洋銀「改三分定」

洋銀「改三分定」
(あらためさんぶさだめ)
(兵庫県立歴史博物館蔵)
白頭鷲(アメリカのシンボル)の紋が縫い込まれた生地
(玉泉寺蔵)

「横浜交易西洋人荷物運送図」
「横浜交易西洋人荷物運送図」五雲亭貞秀画/大判錦絵5枚続(横浜開港資料館蔵)
展示関連講演会・イベントのご案内
 
展示関連講演会
11月23日(金・祝)
11月24日(土)
11月25日(日)
12月1日(土)
12月8日(土)
12月9日(日)
12月16日(日)
「ハリスへの接待菓子復元」 中山圭子(虎屋文庫)
「江戸後期日本の洋学事情」 川副義敦(武雄市図書館・歴史資料館学芸員)
「幕末の海外情報と幕府」 岩下哲典(明海大学教授)
「ハリスの出府道中について」 佐々木忠夫(下田市史編纂委員)
「幕末の写真技法」 三井圭司(東京都写真美術館専門調査員)
「徳川慶喜とフランス料理」齊藤洋一(松戸市戸定歴史館学芸員)
「幕末尊王論者の夢」 前田勉(愛知教育大学教授)
※いずれも午後2時から1階視聴覚ホールにて開催(参加費無料 ただし入館料は必要)。当日先着80名。
  落語会
1月13日(日)講演:三遊亭歌武蔵 講演:新藤茂(浮世絵研究家)
※午後2時から1階視聴覚ホールにて開催(参加費無料 ただし入館料は必要)。当日先着80名。
  特別映画上映
12月22日(土)・12月23日(日)・12月24日(月・祝)
「幕末太陽傳」(110分)
※各上映日の14:00から上映。先着80名。(整理券配布予定)