特別展Exhibition

大村次郷ユーラシア写真図鑑〈いっぷくの情景〉嗜好文化探訪の旅
いっぷくの情景 1 2 3

特別展「大村次郷ユーラシア写真図鑑〈いっぷくの情景〉嗜好文化探訪の旅」2008年5月17日[土]〜7月6日[日]

たばこと塩の博物館は、本年11月で開館30周年を迎えます。その間、たばこと塩に関する資料の収集・調査・研究を行うとともに、その歴史と文化を広くご紹介してまいりました。このたびの特別展は、当館の開館30周年を記念する最初の企画として、『大村次郷ユーラシア写真図鑑/〈いっぷくの情景〉嗜好文化探訪の旅』という名のもとに、イエメン、トルコ、イラン、ウズベキスタン、パキスタン、インド、スリランカ、バングラデシュ、中国、台湾の嗜好文化を紹介するものです。
大村次郷(おおむら・つぐさと)氏は1941年、旧満州(現中国東北部)に生まれ、日本の写真界に多大な影響を与えた写真家・故濱谷浩に師事。「風土と民族」という生涯のテーマを得ることによって、幾多の貴重なドキュメンタリータッチの写真集を、世に送ってきました。その採取・記録・表現された写真世界は、オリエント・インド亜大陸・中央アジア・東南アジア・中国などユーラシア全域に及びます。そうした活動の一環として、NHKで放映された「シルクロード」(1980年)、「大黄河」(1986年)、「四大文明」(2000年)、「文明の道」(2003年)、「新シルクロード」(2005年)などの、番組のスチール写真も担当し、実に40年間にわたって、ユーラシアの大地を探訪し続け、その歴史・文化・宗教に触れてきました。
そのキャリアに示されるように、氏は写真家であると同時に、世界的に見ても極めて稀有な研究・調査をしてきたフィールドワーカーともいえます。
この特別展では、そうした氏の、フォトドキュメンタリー作家としての一端を「嗜好文化」という切り口から捉え、広義におけるユーラシア10ヶ国の民族と風土、生活の有様をご紹介します。たばこ・茶・コーヒーなどの嗜好品が、いかに固有の風土と民族によって培われ、多彩な文化として花開いたかを、氏の作品を通してお楽しみいただければ幸いです。

photo

zoom イラン
展示関連講演会・イベントのご案内
協   力 財団法人 千里文化財団
会  場 たばこと塩の博物館
4階特別展示室
開館時間 午前10時〜午後6時
(入館締切は午後5時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日
入 館 料 一般・大学生  100円【50円】
小・中・高校生 50円【20円】
【 】は20名以上の団体料金
70歳以上は入館料無料(要証明書)

photo

zoom ウズベキスタン

photo

zoom イエメン

展示関連後援会
6月15日(日)


6月21日(土)


6月22日(日)


7月6日(日)
『ユーラシアの嗜好文化を巡る旅』
 河邑厚徳(NHKエデュケーショナル・エグゼクティブ・プロデューサー)・大村次郷(写真家)

『新シルクロード取材と〈大村次郷の眼〉』
 井上隆史(アジア・コンテンツセンター取締役)・大村次郷(写真家)

『街角から見たウズベキスタンの過去と現在』
 加藤九祚(国立民族学博物館名誉教授)・西岡圭司(『季刊民族学』編集長)・大村次郷(写真家)

『嗜好品の人類史的意味』
 松原正毅(国立民族学博物館名誉教授)

※いずれも午後2時から1階視聴覚ホールにて開催。当日先着80名。参加費無料(入館料は必要です)。

イベント

6月29日(日)
「中国茶と中国音楽を楽しむ」亀岡紀子(中国茶文化研究家)・張林(揚琴演奏家)

※午後2時から、たばこと塩の博物館1階視聴覚ホールにて開催。
◎募集人員:50名(応募多数の場合は抽選とします)◎参加費:1000円(当日会場入口で徴収します)

《申し込み方法》
往復はがきに住所、氏名、年齢、返信用住所氏名を明記の上、
たばこと塩の博物館「中国茶と中国音楽を楽しむ」係宛 お送りください。
◎締め切り:2008年6月11日(水) ※当日必着