特別展Exhibition

四大嗜好品にみる嗜みの文化史
茶 酒 コーヒー たばこ トピックス 後援会・イベント TOP

特別展「四大嗜好品にみる嗜みの文化史」 2008年9月10日[水]〜10月17日[金]

さけ、茶、コーヒー、たばこは、世界の四大嗜好品として、長い歴史のなかで多くの人びとに楽しまれ、豊かな文化を育んできました。当館の開館30周年を記念する本展覧会では、四大嗜好品が、日本においてどのように発展し、人びとに受け入れられてきたかという歴史と文化の概要を中心に紹介します。その一方で、20世紀後半から急速に変容しつつある嗜好品文化について、ニューヨーク、パリ、上海など、世界8都市の「キオスク」で売られている商品を通して、新しい嗜好品文化の傾向を紹介します。
期間中に開催予定の多彩なイベントも合わせてお楽しみいただき、嗜好品文化の奥深さと嗜みの大切さを感じていただければ幸いです。

主  催 たばこと塩の博物館
後  援 嗜好品文化研究会
会  場 たばこと塩の博物館
4階 特別展示室
1階 エントランスホール
開館時間 午前10時〜午後6時
(入館は午後5時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日(9月15日、10月13日
は開館)、9月16日、10月14日
入 館 料 一般・大学生  100円【50円】
小・中・高校生 50円【20円】
【 】は20名以上の団体料金
70歳以上は入館料無料(要証明書)
photo

zoom 歌川国久「俳優遊宴図」
たばこと塩の博物館蔵

photo

zoom 「黄地色絵金彩港景図八角碗皿」
マイセン 1740年ごろ
UCCコーヒー博物館蔵


photo

zoom 鈴木春信「おせん茶屋」
たばこと塩の博物館蔵
後援会・イベントはこちらへ