特別展Exhibition

現在の特別展

和田誠と日本のイラストレーション

「イラストレーター」という職業

1960年代、「イラストレーション」「イラストレーター」といった言葉は一般的ではありませんでした。イラストレーターという職業があることを強くアピールしたいと思った和田誠さんは、仲間とともに東京イラストレーターズ・クラブを設立します。この団体の活動や雑誌メディアにより、日本でも、そうした作品や職業が広く知られるようになりました。

イラストレーターの団体を設立

挿絵画家ではないイラストレーターとして、自分たちの存在を知らしめる必要を感じた和田さんは、同じ仕事仲間の宇野亞喜良や横尾忠則と語り合い、イラストレーターの団体を結成しようとします。灘本唯人や山下勇三、山口はるみ、長新太に加え、大橋正といったベテランにも呼びかけ、1964年に東京イラストレーターズ・クラブを設立。日本のイラストレーションの普及と発展のため、年鑑の発行や展覧会の開催といった活動を行いました。

宇野亞喜良の作品(1967年)
ミュージカルを告知したこのポスターには、
「作曲 和田誠」「美術 横尾忠則」とある。

山口はるみの作品(1972年)個人蔵

「話の特集」のアート・ディレクション

「話の特集」という雑誌の制作依頼を受けた和田さんは、ここでも無報酬でその仕事を引き受け、自分はアート・ディレクターとして、表紙のイラストレーションには横尾忠則を起用します。そして誌面には「イラストレーション:誰々」と明記しました。1966年の創刊当初、デザイン誌以外でイラストレーションという言葉が使われるのは、とても珍しいことでした。

「話の特集」(1966年)表紙:横尾忠則

「殺人(マーダー)!」(1964年)

アニメーション映画に挑戦

東京イラストレーターズ・クラブが設立されたのと同じ1964年、久里洋二、柳原良平、真鍋博の「アニメーション三人の会」が上映していた実験アニメーションに、和田さんらがゲスト参加。和田さんは、一つの殺人事件を、さまざまなタイプの探偵が解決するアニメーション「殺人(マーダー)!」を発表しました。
※会場にて作品を上映します。