スマートフォン版はこちら

特別展Exhibition

次回の特別展

近代の輸出工芸 和モダンの世界 〜金子皓彦コレクションを中心に〜

2017年11月3日(金・祝)~2018年1月8日(月・祝)

日本輸出工芸研究会会長である金子皓彦氏は、幕末から明治期に制作された輸出用工芸品としての寄木細工・芝山細工・麦藁細工等を中心に資料収集に努めていますが、一方で「やきもの」「漆器」に対する造詣も深く、今日“和モダン”と称される分野の資料を、たばこに関係するものも含めて数多く所蔵しています。本展では、これら金子皓彦コレクションを中心に、美術工芸品のみならず様々なモノに宿る美の世界を紹介します。

主催 たばこと塩の博物館 会場 たばこと塩の博物館 2階特別展示室
開館時間 午前10時~午後6時
(入館締切は午後5時30分)
休館日 月曜日(1月8日を除く)、
12月29日(木)〜1月3日(火)
入館料 一般・大学生 300円(150円)
小・中・高校生 100円(50円)
満65歳以上の方 150円(100円)※ 年齢が分かるものをお持ちください。
※( )内は20名以上の団体料金。
※障がい者の方は 障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。
  • photo

    芝山細工桜に雉衝立 明治時代

  • photo

    有田焼花籠図沈香壺 大正〜昭和時代初期