特別展Exhibition

現在の特別展

ウィーン万国博覧会に向けて ~参加への準備と湯島の博覧会~

1871(明治4)年、日本政府はウィーン万国博覧会への参加を決定し、翌年から博覧会の告知、全国の物産調査、出品物の収集などを行っていきました。
博覧会の参加決定と時期を同じくして、日本の天産物(鉱物や水産物、植物、動物など)の収集と古器旧物(歴史的な資料)の保存を目的とした文部省博物局も設置されます。
万国博覧会に先立つ1872(明治5)年には、湯島聖堂を会場とした文部省主催の博覧会が開催され、好評を博しました。

壬申二月(旧暦明治5年2月)澳地利国博覧会出品呼びかけ
渋沢史料館蔵

博覧会事務局から全国へ、ウィーン万国博覧会への出品が呼びかけられた。有志の者は6月末日までに日比谷御門内に設けられた事務局へ申し出るようにと記されている。

「博覧会諸人群集之図」
個人蔵

1872(明治5)年の博覧会は、当時、文部省のあった湯島聖堂で開かれた。画面中央に見えるのは人気を集めた名古屋城の金鯱。展示品はガラスケースに収められていた。

『煙草集説』
国立国会図書館蔵

ウィーン万国博覧会に向けて作成されたたばこ関係の資料。前半には、たばこという植物についての概論を記した「煙草之説」、後半には、各地のたばこの物産調書が綴られている。