スマートフォン版はこちら

特別展Exhibition

次回の特別展

「江戸の園芸熱 -浮世絵に見る庶民の草花愛-」

2019年1月31日(木)~3月10日(日)

江戸時代の市井の人々が園芸を好んだ様子は、浮世絵にも多く見られます。さらに当時、当館の所在する墨田区に当たる地域には、墨堤、亀戸天神、亀戸の梅屋敷、小村井の梅屋敷、向島百花園など、花に関係する多くの観光名所がありました。本展では、園芸関係の浮世絵を通して、江戸時代の園芸や園芸道具、歌舞伎に取り上げられた花々、江戸時代の花名所などを紹介します。

主催 たばこと塩の博物館 会場 たばこと塩の博物館 2階特別展示室
開館時間 午前10時~午後6時
(入館締切は午後5時30分)
休館日 毎週月曜日(但し、12/24、1/14は開館)、
12月25日(火)、12月29日(土)~1月3日(木)
入館料 一般・大学生 100円(50円)
小・中・高校生 50円(20円)
満65才以上の方 50円(20円)※ 年齢が分かるものをお持ちください。
※( )内は20名以上の団体料金。
※障がい者の方は 障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。
  • photo

    歌川豊国画「菊の細工物」個人蔵

  • photo

    喜多川歌麿画「当世座敷八景」個人蔵