特別展Exhibition

現在の特別展

  • 館蔵ミニチュア展 ~小さなものの大きな魅力~

当館では現在、明治から戦前のものを中心としたミニチュア作品約1500点を所蔵、一大コレクションとなっています。
当館のミニチュアコレクションの中核は、稀代の職人・小林礫斎〈れきさい〉作品を含むオーダーメイドのミニチュア約800点から成る「中田實コレクション」です。このコレクションは、素材が吟味され、わずか数センチの作品でありながら扉や引出しがあれば開閉し、1ミリのコマでも実物と同じように回転するなど、職人の超絶技巧が遺憾なく発揮された、繊巧美術ともいえる作品で構成されています。
この他、江戸玩具や暮らしの道具、郷土玩具、人形などを集めた、素朴で懐かしいミニチュア約600点で構成される「倉田コレクション」、江戸から明治にかけての雛道具の喫煙具類約20点を集めた「ミニチュア喫煙具コレクション」なども当館のミニチュアコレクションの一角を成しています。
墨田区に移転・リニューアルオープンして初めてのミニチュア展となる本展では、それぞれのコレクションの収集経緯や特徴を紹介しながら、当館が誇るミニチュア作品約1500点を一堂に展示します。

  • 小林礫斎制作のミニチュア 3.4×2.6cm(ケース)
    象牙のケースに、象牙三折人形、象牙三味線駒、コマ、巾着、象牙印籠が収められている。人形は関節が動き、コマは回る。

  • 桑兎蒔絵硯箱 4.13×2.91×0.81cm

「館蔵ミニチュア展 小さなものの大きな魅力」開催概要

主催
たばこと塩の博物館
会場
たばこと塩の博物館 2階特別展示室
開館時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分)
休館日
毎週月曜日(ただし9月16日、 9月23日、
10月14日、11月4日は開館)、9月17日(火)、
9月24日 (火)、10月15日 (火)、11月5日 (火)
入館料
大人・大学生 100円(50円)
小・中・高校生 50円(20円)
満65歳以上の方 50円(20円) ※年齢がわかるものをお持ちください。
※( )内は20名以上の団体料金。
※障がい者の方は障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。

展示関連イベント

展示関連講演会
9月15日(日)
「礫斎とミニチュア ~その技巧と仕掛け~」
岩崎均史(静岡市東海道広重美術館館長・元たばこと塩の博物館主席学芸員)
10月14日(月・祝)
「小さな人形たち ~人形のミニチュアと芥子人形~」
林 直輝(日本人形文化研究所所長・日本人形玩具学会理事)
  • ※午後2時から、3階視聴覚ホールで開催。
  • ※定員は先着90名。参加には入館料が必要です。
  • ※当日開館時より整理券を1名につき2枚まで配布します(配布時に人数分の入館料をいただきます)。
たばしお講座
2019年11月4日(月・振)
「千社札にみる江戸文化の継承」
滝口正哉(成城大学・立正大学非常勤講師)
  • ※午後2時から、3階視聴覚ホールで開催。
  • ※定員は先着90名。参加には入館料が必要です。
  • ※当日開館時より整理券を1名につき2枚まで配布します(配布時に人数分の入館料をいただきます)。

コレクションの紹介

中田實コレクション(1)

小林礫斎ら職人が制作した極小のオーダーメイドミニチュアを中心としたコレクションで、約800点の作品で構成されます。
中田實〈みのる〉(1875~1946)は、裏千家の茶人を父に持ちますが、自身は茶人にはならず日本郵船に勤務しました。切手の収集を趣味としていた實は、ミニチュアを制作していた小林礫斎に出会うと、ミニチュアの収集に夢中になっていきました。一方の小林礫斎は、もともと動物の牙を用いて細工をする牙彫〈げぼり〉の職人で、たばこ入れの一部でもある根付やきせる筒などを制作していました。しかし、大正の終わり頃から日本人の生活が変化し、服装も洋風になったため本来の仕事が減ってしまいました。そんな中、持っている技術を発揮できたのがミニチュア制作でした。

  • ミニチュアを手に載せる中田實

  • 53歳当時の小林礫斎。中田實邸にて

展示構成メニューに戻る

中田實コレクション(2)

茶人の家に育ったことで培われた中田實の美的センスと小さいもの好きが、小林礫斎の良い素材を見抜き活かす類まれな技術に出会ったことで、信じられないような作品が生まれました。「もっと小さく、もっと小さく」と實がオーダーし、礫斎は實が望むものを次々と制作していったのでしょう。抜群に小さなサイズでありながら、驚くほどに精巧なミニチュアが生みだされていきました。
なお、礫斎が手がけたミニチュアには、全てを礫斎が制作したものばかりではなく、礫斎が下地を作って素材を選び、絵画、彫金、漆芸加工、加飾を専門の職人にまかせ、最終的に礫斎が組み立て(拵〈こしら〉え)たものも多くあります。

  • 象牙簞笥
     左:0.84×0.55×0.75cm
     右: 0.85×0.54×0.84cm
    すべての引出しは開閉し、中には小さなコマや本が入っている。

  • 礫斎拵えたばこ入れ 2.47×3.61cm(袋部分)
    袋物には古渡の更紗が使われており、きせる筒には象牙羅宇のきせるが入っている。

  • つとひ(展開) 2.53×6.23cm
    マンモスの牙で作られた豆本仕立ての小屏風。絵画、彫金、象牙彫刻、蒔絵など、礫斎のミニチュア制作の協力者たちの技術と名前が勢揃いした作品。

  • つとひ(表紙と裏表紙) 2.53×6.23cm

展示構成メニューに戻る

倉田コレクション

暮らしの道具、郷土玩具、節句飾り、人形、お店などのミニチュア約600点から成るコレクションです。
ミニチュアの多くは戦前の玩具店などで販売されていたものだと思われますが、蒔絵の印籠、漆塗の食器、金属を象嵌した棚といった本格的な細工もあり、大人の趣味のものと考えられるミニチュアも含まれます。

  • 調度などのミニチュア

  • 季節の飾りのミニチュア

展示構成メニューに戻る

ミニチュア喫煙具コレクション

江戸から明治にかけての雛道具の喫煙具類で構成されるコレクションです。
たばこ盆が家々の必需品であった時代、本格的な雛飾りの一式にはたばこ盆が含まれることがあり、たばこ盆も、簞笥や鏡台などと同じ意匠で制作されました。蒔絵や彫金など、丁寧に仕上げられたものもあります。

  • 雛道具のたばこ盆

展示構成メニューに戻る