特別展Exhibition

次回の特別展

「隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人」

2020年2月29日(土)~4月12日(日)

江戸時代、美人画は役者絵と並ぶ浮世絵の主要な商品でした。その人気ゆえに規制の対象にもなりやすかった美人画には、絵師や版元の知恵が反映されてもいます。特に19世紀後半には、古典になぞらえて世の美人を描き込む趣向の揃物が流行し、多数出版されました。
本展では、この希少な揃物を一堂に展示し、あわせて、江戸有数の行楽地で、美人画の舞台としてもよく描かれた三囲、向島の桜など、すみだ近辺の名所を紹介します。

主催
たばこと塩の博物館
会場
たばこと塩の博物館 2階特別展示室
開館時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
休館日
毎週月曜日
入館料
一般・大学生 100円(50円)
小・中・高校生 50円(20円)
満65才以上の方 50円(20円)※年齢が分かるものをお持ちください。
※( )内は20名以上の団体料金。
※障がい者の方は 障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。
  • photo

    「隅田つつみの晴嵐」
    歌川国貞(三代歌川豊国) 弘化頃(1844~1848)

  • photo

    「大願成就有ケ滝縞 金太郎鯉つかみ」
    歌川国芳 弘化頃(1844~1848)