スマートフォン版はこちら
開館時間

開館時間当面の間、午前11時〜午後5時
(入館締切は午後4時30分)

入館料

入館料大人・大学生 100円
小・中・高校生 50円
※特別展は別料金の場合があります

休館日

休館日当面の間、臨時休館させていただきます
月曜日(月曜が祝日、振替休日の場合は直後の平日)、臨時休館:2020年7月7日~10日
年末年始(2020年12月28日~2021年1月4日)

特別展・企画展・イベント情報EVENT INFORMATION

  • 2020年2月29日(土)~2020年4月19日(日)

    現在の特別展
    「隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人」

    江戸時代、美人画は役者絵と並ぶ浮世絵の主要な商品でした。その人気ゆえに規制の対象にもなりやすかった美人画には、絵師や版元の知恵が反映されてもいます。特に19世紀後半には、古典になぞらえて世の美人を描き込む趣向の揃物が流行し、多数出版されました。
    本展では、この希少な揃物を一堂に展示し、あわせて、江戸有数の行楽地で、美人画の舞台としてもよく描かれた三囲、向島の桜など、すみだ近辺の名所を紹介します。
    続きはこちら

    「隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人」

  • 2020年5月2日(土)~2020年6月28日(日)

    次回の特別展
    「丸山コレクション 西アジア遊牧民の染織 塩袋と伝統のギャッベ展」

    カシュガイ族やクルド族など、西アジア地域の遊牧民が作っていた羊毛の塩袋(ナマクダン)。家畜の制御に使う塩は、遊牧民には不可欠で、塩袋には部族の紋様が織り込まれています。過去にも丸山コレクションの塩袋を紹介した当館が、素朴で織りの粗い、昔のギャッベを中心に未公開作品を選定。塩袋と合わせ、現地でも入手不可能な百~数十年前の毛織物の深い色合いと意匠の世界を紹介します。
    続きはこちら

    「隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人」

  • 現在の特別展
    「隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人」の関連イベントを開催!

    関連講演会を開催します。
    続きはこちら

  • 特別展 開催予定一覧

    特別展の開催予定についてご紹介します。
    続きはこちら

    特別展 開催予定一覧

Prev Next

NEWS

新着情報
NEWS

CALENDAR

イベントカレンダー
CALENDAR

※現在臨時休館中です。開館状況はツイッターかお電話でご確認ください。

  • 2020年 4

  • 2020年 5

  • 2020年 6

  • 2020年 7

  • 2020年 8

  • 2020年 9

  • 2020年 10

  • 2020年 11

  • 2020年 12

  • 2021年 1

  • 2021年 2

  • 2021年 3

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。
Adobe Readerのダウンロードページへ