【第10回】H ZETTRIOの
ヘンカヲタノシム blog
by SPEED MUSIC

どうも、H ZETT NIREです。こんにちは。

大変暑い日が続いておりますが、みなさまお元気でしょうか。水分補給! 大事!

我々H ZETTRIOは、ようやく、実に半年ぶりに、お客さんの前で演奏することができました。8/16に高輪ゲートウェイ駅前のイベント、そして8/19に神奈川 相模原市民会館にてワンマンライブを行いました。

いや~、楽しかったです。

前回の投稿で「無観客ライブもオツなものですよ」てきなことを書きましたが、やはりお客さんの前で演奏するほうが断然楽しいですし、演奏しやすいです。当然です(笑)。

ライブスタッフとも久しぶりに顔を合わせました。いつものメンバーが集まると安心します。

ワンマンライブの方では、ライブと同時に有料配信も初めて行いまして、今後の新しいスタイルとなるかもしれません。換気タイムなどの感染症対策をふくめ、模索しながらやっていきたいところです。

(写真は山手線で半世紀ぶりに誕生した新駅「高輪ゲートウェイ」駅です。カッコいいですね。構内も入ってみたかったな)


さて、みなさまの周りでもコロナ禍でいろいろな変化があると思います。私としましては世の中の変化はできるだけ良い方向にとらえたいと常々思っております。——自分の都合の良い解釈とも言うかもしれません(笑)。

というわけで私の周りで感じられた変化のうち、「あれ、これは世の中が私の方に寄ってきちゃったかも」と思ったことを2つほど書きたいと思います。


さしあたり自分の周りで気になった変化といえば、ジョギングしてる人がだいぶ増えたことです。これ書いてる直前に走ってても思いましたもん。

リモートワークで、家でじっとしてる時間が増えて、

「なにか運動しなければ!」「ジョギングが手軽そう!」→ 続けるうちにハマる

というような流れなのでしょうか。ついに人類がジョギングの楽しさに目覚めてしまったのかもしれません(笑)。

気持ちよく走れる私のお気に入りコースがあるのですが、やはりそこも最近、比較的人が増えて、「おれが先に発見したんだからな!」てきな先輩風のひとつも吹かせたくなっております(笑)。
(もっとも、人が増えたと言ってもギュウギュウの密になるほどではないです)

もちろん、ジョギングは健康に、そして精神衛生的にも、間違いなく良いですからね(経験者は語る)。コロナ禍が過ぎ去ったあとのマラソン大会は、以前にもまして盛況になるかもしれませんね。大変素晴らしいことです。

そういえば、ライブスタッフのひとりがジョギングを始めてハマってしまい、ここ数ヶ月で10kg以上痩せたそうです。大層シルエットがシュッとなっていて驚きました。スゴイ!


あともう1つはパン作りです。

先日のライブMCでもちらっと触れたのですが、私パン作りが趣味…というほどでもないにしても以前からたまに作っておりまして。

なんかパン作ってると不思議と気持ちが落ち着くのですよね。なぜなのでしょうか。菌の作用でしょうか。

一軒家に住んでる人が、庭で土いじってると気持ちが落ち着くと言ってましたのでそれに似てるのですかね?

作ってる間は気持ちが落ち着くし、焼き立てのパンはとてもおいしいし、パン作りはジョギングに負けず劣らず素晴らしいと思ってたのですよ。

で、緊急事態宣言(4月)あたりからですよ。

パン作りに必要な小麦粉やドライイーストが食料品店からすっかりなくなってしまいまして。

これもいわいる「巣ごもり需要」というやつなんですかね。ついに人類がパン作りに目覚めたか?! と思いました(笑)。

先程も書きました通り、パン作りは世界を平和に導くのではないかと思うほど良いことばかりなので、大変素晴らしいことです。

(——工場の稼働、あるいは原料の調達がうまくいかなくて、生産が滞っていただけって可能性もありますが…。いや、きっと人類が目覚めたのです!)



というわけで今回は私の好きなことに人類が目覚めて、多少うれしかったり誇らしかったりするというような話でした。


それではまた次回。