医薬事業

病気から世界の人々を救う「オリジナル新薬の創出」に挑み続けます

JTは1987年より医薬事業に進出しました。
自社にとどまらず、ライセンスパートナーをはじめとする国内外のネットワークやグループ会社との連携を広く活用した研究開発を推進するとともに、スムーズな製造・販売体制を構築しています。世界に通用する画期的なオリジナル新薬を創出し、一日も早く患者様にお届けすることで、「JTの薬があってよかった」と言っていただける事業を目指しています。

画期的な新薬創出のため国内外の連携で研究開発に取り組んでいます

医薬総合研究所(大阪府高槻市)

医薬総合研究所(大阪府高槻市)

研究開発力の充実・強化を目的として、1993年に自社研究施設「医薬総合研究所」を設立しました。この研究施設を中心に、主に「糖・脂質代謝」「ウイルス」「免疫・炎症」の領域で研究開発を行っています。2000年には海外での開発機能を強化すべく、米国ニュージャージー州にある子会社アクロス・ファーマ社に臨床開発機能を付加し、海外での臨床開発の拠点としています。
また、研究開発スピードを加速し、世界の患者様に早期に新薬をお届けするために、海外大手製薬企業へ自社の化合物を導出(ライセンスアウト)することや、製品・開発品ラインナップの充実を図るために、他社の化合物を導入(ライセンスイン)する機会を積極的に追求することにも取り組んでいます。

鳥居薬品(株)とのパートナーシップを通じて患者様へ医薬品をお届けしています

JT 医薬品

1998年、JTは鳥居薬品(株)をグループ会社に迎え、医薬事業の国内基盤の強化を図ってきました。グループ内での相乗効果を最大限に発揮すべく、主に、JTが研究開発機能を、鳥居薬品(株)が製造・販売機能を担っています。
鳥居薬品(株)では、高度な専門知識を持った医薬情報担当者(MR)が、医師や薬剤師をはじめとする医療関係者に医薬品情報を提供し、適正な使用を推進することで、病気で苦しむ患者様だけでなく、すべての人々がより良い健康状態を実感できる社会を目指し、活動を続けています。

よくあるご質問とお問い合わせ ご質問、ご意見などございましたら、お電話もしくはインターネット(フォーム)で承っております。