JTグループの歴史

JTは、1898年の専売局設置にはじまり、日本の商法のもと、日本たばこ産業株式会社法によって、1985年4月に設立されました。
海外におけるJTグループの歴史は、1784年のAustria Tabak設立まで遡ります。その後、北アイルランド、米国にてギャラハー、RJRの基礎が築かれました。
現在のJTグループは、その歴史を異なる国々に遡ることができ、たばこ事業において長い歴史と豊富な経験を有しています。

  • ~1899
  • 1900~1984
  • 1985~1999
  • 2000~
  • 海外たばこトピック
  • 国内たばこトピック
  • その他事業トピック
  • 1784

    Austria Tabak がJosephⅡ皇帝により設立される

  • 1857

    Tom Gallaherが事業を始める(北アイルランドのロンドンデリー)

  • 1874

    RJR がRichard Joshua Reynoldsによってノースカロライナのウィンストンで設立される

  • 1879

    「ソブラニー」が世界で最も古いたばこブランドとしてロンドンで登記される

  • 1891

    モスクワをベースとしたDucat工場が設立される

  • 1898

    日本専売局が国内葉たばこの独占販売のために設置される