私たちJTの想い

私たちJTグループは、たばこ、医薬、加工食品事業を中心とした事業活動を展開しています。
事業では、葉たばこや紙、野菜など植物を中心とした自然由来の原材料を使用しています。

私たちの事業を支えてくれる自然の恵みに感謝し今後も自然環境を大切にしていきたい……。
そうした想いから、自然環境保全の一環として、森林保全活動を進めています。
「JTの森」の活動には、社員や家族も参加しています。

森林保全活動を通じて、自然環境の大切さについて身を持って実感することで
環境を守っていくことの重要性を改めて考え行動していくための契機にしたいと考えています。
地元の森林組合や住民の方々などにもご協力をいただきながら、
人と人とのふれあいも大切にしながら活動を実施しています。

元気な森になってもらうために

元気な森になってもらうために

「JTの森」は森を一定の期間借り受け、足りていなかった森の手入れを支援するしくみです。日常の森のお世話は、森林整備のプロフェッショナルである森林組合の方々にお願いしています。苗木の成長を妨げる雑草を刈ったり、太陽の光が届くように混み合った枝や木を切るなど、木を植えるだけではなく、育てていくために折々の手入れが必要だからです。
JTグループ従業員が地元のみなさんと共同でボランティアとして作業を行う「森づくりの日」も設けています。

「こんな森になってほしい」を大切にします

ひと言に「森」と言っても、樹木の種類、木の年齢、立地、産業との関わりによって、目指す森の姿や、森が必要とする手入れもそれぞれ違います。だから「JTの森」では森林整備のプラン作りに持ち主の方はもちろんのこと、県や市町村、森林組合の方をはじめとする森を大切に思うたくさんの人が参加します。「こんな森になってほしい」という地元のみなさんの思いと力がJTの森づくりを支えているのです。

森のはたらき