生物多様性保全への取り組み

JTグループでは、「JTグループ環境憲章」における生物多様性保全の基本姿勢のもと、事業活動における生物多様性への配慮や社有林の保護などの取り組みを進めています。
JTの社有林「JTの森 重富」(鹿児島県姶良[あいら]市)では、保全計画に生かすため、自然環境の指標となる種や重富の森において重要な種を中心に、植物、昆虫、哺乳類のモニタリング調査を実施しています。