人財育成

JTでは、透明性の高い人財マネジメントを追求しており、一人ひとりの社員が自らの能力を向上させ、発揮できるよう機会を提供するとともに、公正な処遇を推進しています。

公正な実績主義の定着と組織力強化

公正な実績主義の定着や社員の自律的成長を支援するためには、マネジメント職の果たす役割が非常に重要です。JTでは、公正な評価を実践するために、各部門・職場ごとに「評価者会議」を開催し、評価者の眼識統一、評価スキルの向上に努めています。
また、組織力強化のためにマネジメント層のレベルアップに注力しており、新たにマネジメント職に任用した社員に対し「新任マネジメント研修」を実施し、人財マネジメントおよび組織マネジメントに必要な知識・スキルを習得する機会を提供しています。その後もフォローアップ研修を実施するなど、組織力強化に資するさまざまな施策を行っています。

人財育成の取り組み

JTでは、社員一人ひとりの成長をサポートするための取り組みとして、各種研修の整備や充実・強化を図っています。
その一つとして、JTグループ社員に必要なビジネスの基礎的な知識・スキルを獲得するための選択型研修を実施しており、マーケティングや財務・会計の知識、論理的思考力や発想力、コミュニケーション力などを高める講座を多数ラインアップしています。本研修は、所属部署や職種、年齢などに制限されることなく、すべての社員の受講を可能としています。
その他、階層別に必要なスキル・知識を学べる階層型研修に加え、業務に必要な専門性を習得するための各部門独自のプログラムなどがあります。

キャリア形成支援の取り組み

社員のキャリア形成を支援するための取り組みとして、上司による年1回の「キャリア面談」やキャリアを考える節目となる年代の社員を対象とした「キャリアマネジメント研修」を実施し、社員が中長期的な視点で、自らのキャリアの方向性を明確にし、そのプランを見直す機会を設けています。
さらに、社員が自らのキャリアプランの実現に向けて、希望する部門に応募できる「キャリアチャレンジ制度」を導入しています。この制度は、年1回、応募資格を満たした社員が希望する部門に直接応募することができ、異動希望先による選考を経て、異動の可否が決定されるものであり、社員に自律的にキャリアを形成する機会を提供する制度として定着しています。

次代を担う人財の採用

JTでは、将来にわたる持続的成長を実現するため、次代を担う意欲ある人財の採用に努めています。
新卒採用においては、性別、国籍、学校名などにとらわれず、個々人の意欲や能力を重視した人物本位の選考を行うとともに、採用ホームページや就職セミナー、インターンシップなどを通じて、JTについて十分な情報を提供することにも注力しています。
また、多様な人財の採用に向けて、春の定期採用だけでなく、夏採用や留学生採用など採用機会の充実を図っています。
さらに、JTを新たな活躍の場とし、これまでの社会人としての経験や知識を発揮してもらう経験者採用も行っています。