海外における植林/森林保全活動

JTグループは、2007年1月から海外における植林/森林保全活動を開始しました。今までに、アフリカのタンザニア、マラウイ、ザンビアで活動を行ってきました。

アフリカでの植林/森林保全活動

アフリカでは木材資源が家庭用燃料等として使用されることから樹木伐採が進み、森林破壊が社会問題の一つとなっています。また、タンザニア、マラウイ、ザンビアはアフリカでも有数の葉たばこ産地で、葉たばこの乾燥施設等にも木材資源が使用されており、持続可能な葉たばこ生産への対応が社会的課題の一つとなっています。

JTグループでは、これらの国々での森林再生の重要性を考慮し、植林/森林保全活動を実施しています。あわせて、天然の森林の保全、木材使用量を抑えた改良型かまどの普及、灌漑による農業収入の改善、簡易ポンプの設置を通じた安全な水の確保や公衆衛生の向上にも計画的に取り組んでいます。さらに、これら地域コミュニティの生活向上の活動に加え、生物多様性保全に向けた取り組みも実施しています。

タンザニアとマラウイでは2007年から活動を開始し、2014年までに延べ21,500haの土地に約4,300万本の植林を行いました。2010年にスタートしたザンビアにおいては、2014年までの4年間に延べ4,000haを対象に約800万本の植林を実施しました。

活動にあたっては、農業分野での海外援助活動において、長年にわたり世界各国で豊富な実績を有するワシントン州立大学(米国ワシントン州プルマン)に委託し、同大学の関連するNGO トータル ランドケアが実施しています。

写真
写真

主な活動の概要

植林や天然の森林の保全、木材消費量の低減、灌漑、安全な水の確保や公衆衛生の向上に取り組んでいます。

地 域 活動期間 植林延べ面積 植林本数

マラウイ・タンザニア

2007〜2014年

21,500ha

4,300万本

ザンビア

2010〜2014年

4,000ha

800万本

写真