2021年度東北大会

大会概要

大会日程 6月19日(土)
会場 夢メッセみやぎ 展示ホールB・C
参加者 135名(低学年:44名、高学年:91名)

開催リポート

2年ぶりの開催となった2021年度「テーブルマークこども大会」。

東北地方梅雨入りの報が出た小雨模様の中、「夢メッセみやぎ」のこども大会には135名が参加、同伴者を含めると263名が各地から来場しました。

今回は新型コロナウイルス感染症対策のため、参加者を制限して行われました。入場の際には、入口で解説棋士が来場者をお迎えするのが通常のスタイルでしたが、新型コロナウイルス感染症予防に鑑みて中止となりました。

大会冒頭のあいさつでは、「将棋は勝つ子もいれば負ける子もいます。保護者の皆さまには勝っても負けてもお子さんをホメてあげるようお願い申し上げます」と日本将棋連盟森下卓常務理事よりごあいさつ。

また、「対局は負けても得るものが多いです。そのためにも相手の子には『対局してくれてありがとう』という気持ちを表すことが大事です」と協賛者のテーブルマーク株式会社 東北支店 二宮竜介支店長よりごあいさつを頂きました。

決勝戦の結果

  • 棋譜はPCでの閲覧を推奨しております。スマートフォンなど端末によっては表示が崩れる場合がございますのでご了承ください。
低学年部門

小田中 瞭君(仙台市立鶴谷東小学校3年)

髙橋陽向君(天童市立天童南部小学校3年)

98手にて小田中君の勝ち!

決勝戦の棋譜はこちら

高学年部門

梅内悠登君(奥州市立胆沢第一小学校6年)

大牟禮結人君(大田原市立西原小学校6年)

112手にて梅内君の勝ち!

決勝戦の棋譜はこちら