2021年度福岡大会

大会概要

大会日程 8月1日(日)
会場 福岡国際センター
参加者 249名(低学年:91名、高学年:158名)

開催リポート

2021年度、2会場目の開催となった「テーブルマークこども大会 福岡大会」。

九州北部に荒れ気味の予報が出ている中、「福岡国際センター」のこども大会には249名が参加、同伴者を含めると487名が九州各県を中心に来場しました。

今回は新型コロナウイルス感染症対策のため、参加者を制限して行われました。

大会冒頭のあいさつでは、「将棋は勝つ子もいれば負ける子もいます。保護者の皆さまには勝っても負けても『よく頑張ったね』とお子さんをホメてあげていただくようお願い申し上げます」と日本将棋連盟 森下卓常務理事よりごあいさつ。

また、「いつもは大きな声で元気よくあいさつをしてもらうのですが、今日は残念ながらできません。代わりに両手を振って元気をアピールしてもらいたいと思います。『みなさん、こんにちは(会場手を振る)』。

今日は来たときよりも強くなって帰ってもらいたいと思います」とテーブルマーク株式会社 九州支店 松村浩之支店長よりごあいさつを頂きました。

決勝戦の結果

  • 棋譜はPCでの閲覧を推奨しております。スマートフォンなど端末によっては表示が崩れる場合がございますのでご了承ください。
低学年部門

内木峰太郎君(速見郡日出町立川崎小学校3年)

高野直哉君(広島市立五日市南小学校2年)

99手にて内木君の勝ち!

決勝戦の棋譜はこちら

高学年部門

佐藤広陸君(北九州市私立明治学園小学校6年)

嶋田旬吾君(熊本市立託麻原小学校5年)

101手にて佐藤君の勝ち!

決勝戦の棋譜はこちら