2021年度大阪大会

大会概要

大会日程 10月16日(土)
会場 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館) メインアリーナ
参加者 398名(低学年:149名、高学年:249名)

開催リポート

新型コロナウイルス感染症対策のため、参加者を制限して行われた「テーブルマークこども大会 大阪大会」。

9月並みの陽気の中、「丸善インテックアリーナ大阪」で開催したこども大会には398名が参加、同伴者を含めると785名が来場しました。

大会冒頭に、「昨年は新型コロナウイルスの影響で大阪大会は中止となりましたが、今年は開催することができたことをうれしく思います。

今日はまずは優勝を目指し、もし負けてしまってもたくさん対局をして一日楽しんでいただけたらと思います」と日本将棋連盟 脇謙二専務理事よりごあいさつ。

また、「いつもでしたら大きな声でみなさんとあいさつを交わすところですが、コロナ対策もありそれはできません。

今日は将棋のルールはもちろん、コロナ対策についてもしっかり学んでいただけたらと思います。今日一日かけがえのない時間を過ごしてください」とテーブルマーク株式会社 吉澤明治大阪支社長よりごあいさつを頂きました。

決勝戦の結果

  • 棋譜はPCでの閲覧を推奨しております。スマートフォンなど端末によっては表示が崩れる場合がございますのでご了承ください。
低学年部門

吉田圭佑君(八尾市立久宝寺小学校3年)

山野卯嵩君(加古川市立平荘小学校2年)

126手にて吉田君の勝ち!

決勝戦の棋譜はこちら

高学年部門

山下雄万君(坂出市立川津小学校6年)

山田康太君(茨木市立水尾小学校6年)

136手にて山下君の勝ち!

決勝戦の棋譜はこちら