2022年度北海道大会

大会概要

大会日程 9月23日(金・祝)
会場 札幌コンベンションセンター 大ホール
参加者 168名

開催リポート

雨降る秋分の日、「札幌コンベンションセンター」の『テーブルマークこども大会』には168名が参加、同伴者を含め329名が全道各地から来場しました。

入口で来場者を迎えるのは、地元札幌出身の屋敷伸之九段と山田久美女流四段、久津知子女流二段の3名。来場者は記念写真を撮影して入場していました。

大会冒頭のあいさつでは、「本日の『JTプロ公式戦』では藤井聡太竜王と羽生善治九段という伝説の二人による対局がございます。

地元のご協力も賜りまして北海道にも研修会が創設されましたが、この『テーブルマークこども大会』にも明日の藤井聡太を目指すお子さんが参加されていると思います。今日は最後まで将棋を楽しんでください」と日本将棋連盟 森下卓常務理事よりごあいさつ。

また、「大会で勝つことは大事かもしれませんが、一緒に戦ってくれるおともだちに『ありがとう』という気持ちを持って将棋を指してもらえればと思います。

今回3年ぶりの『テーブルマークこども大会』となりますが、本日がご家族にとって素晴らしい一日になりますよう祈念しております」とテーブルマーク株式会社 川北計札幌支店長よりごあいさつを頂きました。

決勝戦の結果

  • 棋譜はPCでの閲覧を推奨しております。スマートフォンなど端末によっては表示が崩れる場合がございますのでご了承ください。
低学年部門

水谷 丞さん(札幌市立幌西小学校2年)

塩野谷勇翔さん(札幌市立円山小学校3年)

105手にて水谷さんの勝ち!

決勝戦の棋譜はこちら

高学年部門

梅澤満喜さん(上川郡比布町立比布中央学校5年)

山田悠人さん(釧路郡釧路町立富原小学校4年)

88手にて梅澤さんの勝ち!

決勝戦の棋譜はこちら