2021年度準決勝第二局

対局結果

準決勝第二局 (東海大会)

99手にて
藤井三冠の勝利

開催日:11月3日(水・祝)
会場:ポートメッセなごや 第3展示館

藤井聡太三冠

永瀬拓矢王座

大盤解説:中村 修 九段 聞き手:中村桃子 女流二段 読み上げ:中澤沙耶 女流初段

勝者の藤井三冠は、11月21日(日)に行われる「決勝戦」で、豊島将之JT杯覇者と対局!!

  • タイトル・段位は対局時点のものです。
  • 豊島JT杯覇者は竜王、藤井三冠は王位・叡王・棋聖のタイトル保持者です。

講評/勝利棋士コメント

大盤解説者・中村九段の講評

対局前の両者のコメントでは、藤井三冠は「永瀬王座には『炎の七番勝負』の後に研究会に誘っていただきました。その努力する姿勢は見習いたいと思っています。

今回東海大会が開催されて大変うれしいです。地元の将棋ファンの方にも見ていただけますから、熱戦を楽しんでもらえるよう頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

一方の永瀬王座も「『JTプロ公式戦』で藤井三冠と対戦できることをうれしく思います。彼からは『将棋を強くなりたい』という純粋な気持ちが伝わってきます。

今回初めての公開対局ですので、手探りになりますが集中してベストを尽くしたいと思います」と抱負を語った。

振り駒は歩が4枚で藤井三冠の先手と決まる。両者得意の角換わり腰掛け銀。

先手が9筋を突き越した形に対し、後手は44手目△9二香と反発し、さらに46手目△6五桂と跳ねて開戦する。

後手は飛車で攻め込むが、逆にその飛車を狙われてしまい先手が優勢に。そのまま押し切って藤井三冠が初の決勝進出を決めた。

大盤解説の中村九段の講評は以下の通り。

「後手番が工夫しないといけないのが現代将棋です。

△9二香は先手が2手かけた▲9五歩をとがめる意味で、端からの逆襲を狙った手です。そこで先手は▲6九玉と避難したのですが、その局面は▲4八金は浮いてるし、5筋も突いてあって一見先手陣にスキがあるように見えるんですね。

攻める気満々の永瀬王座はすかさず△6五桂から△8六歩と踏み込みましたが、藤井三冠は▲6八銀から最強の手で応じます。飛車で攻めに来た後手ですが、その飛車を捕獲されると△9二香のおかげで▲9一飛のスキが生じているのは皮肉でした。

対局後の感想戦では対局者からいろいろな手が示されましたが、正直何が正しいのかは全くわかりません(笑)。途中の迫力ある応酬は見応えがあったと思います」。

勝利棋士・藤井三冠のコメント

角換わり腰掛け銀の先手番で、9筋の位を取る形になりました。44手目△9二香は先手が角を手放したら、△9四歩▲同歩△9一飛を狙った手です。そこで▲6九玉としたのですが、その瞬間自陣が不安定で後手の攻めを誘発してしまったかなと。

後手からは△8四角や△7五角の筋など、いろいろ手があります。ただ飛車を取れば▲9一飛がありますから、飛車を狙うことで手応えはありました。

決勝の東京大会は多くの方に見ていただけますので、集中して思い切りよく指したいです。豊島JT杯覇者には早指し戦では勝っていませんので、いい状態で臨まないといけませんね。

動画

対局の動画をご確認いただけます。

  • 動画内で実施している「クイズキャンペーン」は終了しています。

棋譜

藤井聡太三冠
永瀬拓矢王座
(持ち時間各10分間)
【操作方法】
開始局面を表示
10手戻す
1手戻す
1手進める
10手進める
投了図を表示
棋譜を反転

まで99手で先手の勝ち

消費時間=10分10分