Loading...

ひととき小説

なんでもない日常にある「ささやかな幸せ」。それに気づくかどうかで、ちょっと毎日は楽しくなる。見方を変えれば、生き方も変わってくる。「ひととき小説」はそんな日々のちょっとした気づきが大切であることに気づかせてくれる小さな小さな小説です。


八月のひととき小説

  • ひととき小説 第四話 願い
  • 「もし目の前に神様が現れて、願いを一つだけ叶えてやろう、って言われたらどうする?」
  • 「みゆきちゃんが僕のことを好きになるようにしてください、って言います」
  • 「それはできないよ」「え、なんでですか」
  • 「あの子はもうお前のことが好きだからだよ」
  • 先輩は笑って僕の肩をポンと叩いた。
JT総合トップで動画を見る

八月のひととき小説のひとこと解説

人が願い事をする時、欲しいのは一歩踏み出す勇気。こんな時、意外と背中を押してくれるのは、何でも肯定してくれる人の何気ない一言だったりします。根拠はないけど前向きなことを言ってくれる人は、知らず知らずの内に世の中を動かしてしまっている、ある意味、神さまのような人と言えるかもしれません。もちろん、その一言が時に事態をややこしくすることもあるわけですが、多くの場合は「いい経験」として、笑い話となって語り継がれていくようです。


今月のイラストレーター

中村 隆

新潟県出身、埼玉県在住。日本デザイン専門学校卒業。主に、企業広告、ポスター、書籍、教科書、雑誌などで活動中。主な受賞に、HBファイルコンペ日下潤一賞、仲條正義特別賞TIS公募銅賞など。

登場人物紹介を見る登場人物紹介を閉じる

登場人物紹介

  • 主人公 男性28歳。入社5年目。性格が内向的なので、身近な人を好きになりがち。
  • 先輩  男性38歳。主人公の会社の先輩。他人の恋愛話や人間関係にはあまり詳しくないタイプ。相手が喜びそうなことを根拠もなくつい言ってしまう人。
  • みゆき 女性22歳。入社1年目。「失敗」の主人公。先輩が気になっているが先輩は全く気付いていない。