加工食品事業

加工食品事業

一番大切な人に、食を通じて笑顔あふれる豊かなときを提供します

加工食品事業では、「一番大切な人に食べてもらいたい」という想いのもと、「お客様に安全でかつ、おいしく、安心してお召し上がりいただける」商品づくりを進めています。今後も暮らしの源である「食」の世界を通じて、お客様から支持され続ける存在を目指していきます。

多様な事業を通じて、日本の食卓の未来を創造

テーブルマーク JT 加工食品 サンジェルマン
  • テーブルマーク
  • JT 加工食品
  • サンジェルマン

加工食品事業では、冷食・常温事業、調味料事業、ベーカリー事業の3つの事業を展開しています。
冷食・常温事業の中心を担う「テーブルマーク(株)」では、冷凍麺、パックご飯、焼成冷凍パンといったステープルを中心に事業を展開し、より一層のおいしさづくりに取り組んでいます。調味料事業では、「富士食品工業(株)」を中心に、酵母等の天然素材調味料を中心とした幅広い商品をラインナップし、多岐にわたる分野でグローバルに事業展開しています。また、ベーカリー事業では、ベーカリーショップ「サンジェルマン」などの展開を通じて、素材や製法にこだわった焼きたてパンのおいしさを提供しています。

安心・安全で高品質な商品の提供

フードセーフティ

管理基準に基づいた出荷前の商品検査

フードセーフティ

国内外31の自社グループ工場においてFSSC22000を取得(※)し、工場からお客様へ安全な商品をお届けしています。
※ 上記のほか、2020年に稼働開始した1工場については認証取得準備中

フードディフェンス

商品に対する意図的な攻撃を防ぐため、独自のガイドラインを設定しセキュリティ面を強化しています。



フードコミュニケーション

工場見学を通じたお客様とのコミュニケーション創出

フードクオリティ

おいしさを追求した商品づくりを行うとともに、商品の品質やお客様満足度の向上に取り組んでいます。

フードコミュニケーション

お客様の要望に真摯に耳を傾け、工場見学などによる情報提供を通じたお客様とのコミュニケーションを推進しています。