LGBTに関する取り組みを評価する「PRIDE指標2019」において
4年連続で最高位『ゴールド』を受賞!

2019/10/11

本日、JTは、任意団体「work with Pride(以下wwP)」※1が主催する「PRIDE指標2019※2」において、最高位の『ゴールド』を受賞しました。『ゴールド』の受賞は、2016年より4年連続となります。

JTは、性別、性自認、性的指向や年齢、国籍だけではなく、経験、専門性など、異なる背景や価値観を尊重し、違いに価値を見出すことが、会社の持続的な成長に繋がると考えており、多様化(ダイバーシティ)の推進を経営課題のひとつとして位置付けています。

これまでJTは、一人ひとりの個性が尊重され、多様性が活かされた環境づくりに向けてLGBTに関する研修等を通じた意識啓発、社内制度の見直しをはじめとした環境整備、多様な価値観を認め合える風土づくりを行ってきました。

例えば、ハラスメント防止ガイドラインにはLGBTに関する差別的な言動の禁止を明記し、社内のイントラネット上にLGBTに関する情報ページを常設するなど、LGBT理解促進の啓発を行っています。また、LGBTに関するe-ラーニングを受講してweb検定に合格した社員には、Ally(LGBT支援者)認定の証としてレインボーグッズを配付するなど、継続的な取り組みを行っています。さらには、採用活動の際に、LGBTの基礎知識や注意事項を記載したマニュアルを対応する社員へ配付するといった取り組みも行っています。

これらの取り組みを含め、LGBTに関する継続的な取り組みが評価され、今回の『ゴールド』受賞につながったと考えています。

今後もJTは、多様な人財の活躍による持続的成長に向けて、多様化の推進に積極的に取り組んでまいります。

レインボーグッズ


※1

任意団体work with Prideは、企業などの団体におけるLGBTに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援しています。

※2

PRIDE指標2019の詳細につきましては、wwPのウェブサイト(https://workwithpride.jp/別窓で開く)をご参照ください。

ご質問、ご意見などございましたら、お電話もしくはインターネット(フォーム)で承っております。
また、お客様から多くお寄せいただくご質問については、「よくある質問」にも掲載しております。