JTマーヴェラス

2015V・サマーリーグ 西部大会 トヨタ車体クインシーズ戦結果

「2015V・サマーリーグ」西部大会 トヨタ車体クインシーズ戦の結果をご紹介しています。

スコア

7月3日(金) 岡山県総合グラウンド体育館<桃太郎アリーナ>(岡山)
JTマーヴェラス
トヨタ車体クインシーズ
JTマーヴェラス 2 28-26
25-19
0 トヨタ車体クインシーズ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    2
    高橋
    1
    芥川
    5
    位田


    20
    金杉
    3
    奥村
    24
    山本

     
     


    L小幡
    第2セット
    2
    高橋
    1
    芥川
    5
    位田
    (23)
    橘井
    (19)
    小川
    20
    金杉
    3
    奥村
    24
    山本
    (21)
    田中(瑞)


    L小幡
  • マッチレビュー

    ルーキー・橘井が決勝点! V・プレミアリーグのチームを相手に快勝!

    「2015V・サマーリーグ」西部大会。JTマーヴェラスは、トヨタ車体クインシーズとの初戦に挑みました。

    吉原監督は、芥川、高橋、奥村、位田、金杉に加え、ルーキーの山本と小幡をスターティングメンバーに起用。第1セット、JTマーヴェラスは高橋のスパイクや芥川のサービスエースなどで先手を奪い、優位に試合を進めていきます。セット中盤にかけては一進一退の攻防となる中、セッター・山本は芥川や奥村のクイックを多用しながら、相手のディフェンスをかいくぐり、得点を加算。V・プレミアリーグのチームを相手に一歩も引くことなく接戦を演じます。試合は24点を超えても決着がつかず、ジュースに突入。一時は25-26とされ、あわやの場面もありましたが、JTマーヴェラスはここから奮起。奥村の速攻と金杉のスパイクが立て続けに決まって連続3得点を挙げ、28-26。最後は逆転で第1セットを奪います。

    続く第2セットは序盤からJTマーヴェラスの高い攻撃力が光ります。高橋や金杉の豪快なスパイクに加えて、芥川や奥村の速い攻撃がテンポよく決まって8-6と流れを引き寄せると、相手にミスも出てセット中盤までに14-9と点差を広げます。直後には相手のブロックに苦しんで14-12と追い上げを許しますが、JTマーヴェラスはつかんだ流れを手放しません。すぐさま金杉の連続スパイクで16-12と引き離すと、その後も位田の巧みなスパイクが効果的に決まるなどして、再びリードを広げていきます。終盤には山本のサービスエースや芥川のブロックも飛び出し、波に乗り続けたJTマーヴェラス。最後は、途中出場のもう一人のルーキー、橘井の公式戦初得点がそのまま決勝点となり、25-19でゲームセット。V・プレミアリーグのチームを相手に快勝を飾り、幸先の良いスタートを切りました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス