JTマーヴェラス

2015V・サマーリーグ 西部大会 フォレストリーヴズ熊本戦結果

「2015V・サマーリーグ」西部大会 フォレストリーヴズ熊本戦の結果をご紹介しています。

スコア

7月4日(土) 岡山県総合グラウンド体育館<桃太郎アリーナ>(岡山)
JTマーヴェラス
フォレストリーヴズ熊本
JTマーヴェラス 2 25-18
25-14
0 フォレストリーヴズ熊本
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    2
    高橋
    1
    芥川
    5
    位田
    (21)
    田中(瑞)
    20
    金杉
    3
    奥村
    24
    山本



    L小幡
    第2セット
    2
    高橋
    1
    芥川
    5
    位田

     
     
    20
    金杉
    3
    奥村
    24
    山本
    (19)
    小川

    L小幡
  • マッチレビュー

    堅守から切り返す理想的な展開! 全勝で予選グループ戦1位通過を決める

    予選グループ戦の最終戦は、フォレストリーヴズ熊本との対戦。

    第1セットは芥川のブロックなどで2-0と先行すると、その後も勢いを保ったまま試合を展開。高橋や金杉らの攻撃が確実に決まって10-6とリードを広げます。1点を失った10-7の場面からは、位田のスパイクでサイドアウトを奪うと、続いてサーバーに下がった位田が変化するサーブで相手のディフェンスを翻弄。相手のレシーブが崩れて返ってきたボールを金杉や高橋がきっちりと決めて立て続けに得点を奪い、15-7と点差を拡大します。しかしその後、セット中盤にかけて相手の追い上げに遭い、また自らのミスなども絡んで17-15と詰め寄られます。それでも選手たちは焦らず立て直しを図ります。リベロ・小幡を中心とした堅いレシーブから着実にボールをつないで得点を重ね、再びリードを広げると、最後は相手のスパイクがアウトになって、25-18。第1セットを先取します。

    第2セットに入ると、試合の流れは完全にJTマーヴェラスへ傾きます。立ち上がりで高橋と金杉のスパイク、芥川のブロックが決まって3-0とリード。その後も要所で連続得点を重ねて相手チームを先行します。山本のフェイントが決まって12-10とサイドアウトを奪った場面からは、そのままサーバーに下がった山本のコースを突いたサーブを起点に、一挙連続6得点。サーブで崩してミスを誘い、堅守から切り返す理想的な展開で18-10と相手を突き離します。さらに、1点を失った18-11の場面からも、芥川の速攻や高橋のスパイクなどで連続5得点を挙げて相手を圧倒。23-11とし、ほぼ勝利を決定づけると、最後は相手にミスが出て、25-14。ストレートで完勝し、全勝で予選グループ戦1位通過を決定しました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス