JTマーヴェラス

2015/16V・チャレンジリーグ I 第2Leg 仙台ベルフィーユ戦結果

「2015/16V・チャレンジリーグ I」第2Leg 仙台ベルフィーユ戦の結果をご紹介しています。

スコア

1月23日(土) ウインク体育館<姫路市立中央体育館>(兵庫)
JTマーヴェラス
仙台ベルフィーユ
JTマーヴェラス 3 25-19
25-22
21-25
25-11
1 仙台ベルフィーユ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
144 58 6 40.3% アタック 179 59 8 33.0%
6 0 0 0.0% (内バックアタック) 1 0 0 0.0%
- 15 - 3.75本 ブロック - 5 - 1.25本
95 4 6 13.4% サーブ 78 1 9 9.4%
- - - 62.3% サーブレシーブ - - - 57.3%
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    中村
    1
    芥川
    6
    オヌマー
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    L小幡
    第2セット
    4
    中村
    1
    芥川
    6
    オヌマー
    (9)
    金杉
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    L小幡
    第3セット
    4
    中村
    1
    芥川
    9
    金杉
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (2)
    高橋


    L小幡
    第4セット
    4
    中村
    1
    芥川
    9
    金杉


    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (16)
    山本
    L小幡
  • マッチレビュー

    ブレークを重ねて勝利! ホームのファンと喜びを分かち合う

    今シーズン最後のホームゲーム2連戦の初日。JTマーヴェラスは仙台ベルフィーユとの一戦に挑みました。

    第1セット、先制点を相手に奪われたJTマーヴェラスは、オヌマーのスパイクなどで得点を重ねて迎えた2-2の場面。相手のスピードある攻撃で連続3失点を喫し、その後、中村のスパイクで1点を返すも、再び連続3失点。3-8と相手に5点のリードを許し、1回目のテクニカルタイムアウトを迎えます。以降も互いに得点を重ねますが、点差は縮まらないまま迎えた5-11の場面。相手のサーブミスでサイドアウトを奪うと、田中(美)のサーブから芥川と中村の2枚ブロックが連続で決まり、8-11と点差を3点に縮めます。中盤も互いにサイドアウトを繰り返しますが、要所で連続得点を許してしまい、14-19と再び点差が広がります。しかし、ここからJTマーヴェラスの反撃が始まります。芥川の速攻でサイドアウトを奪い15-19とした後、田中(美)のサーブを起点にオヌマーのスパイクや芥川と中村の2枚ブロック、中村のスパイク、オヌマーのダイレクトスパイクなどで連続10得点。一気に追い上げ、25-19で第1セットを先取します。

    続く第2セット序盤、互いに得点を重ねるも要所で連続失点を喫し、6-8と相手リードで試合は展開していきます。しかし、1回目のテクニカルタイムアウト後、流れはJTマーヴェラスへ。芥川のブロードでサイドアウトを奪うと、第1セットと同じく、田中(美)のサーブから芥川と中村の2枚ブロックやオヌマーのスパイクなどで連続5得点を挙げ、11-8と逆転します。直後、相手に連続2得点を許すも、オヌマーのスパイクでサイドアウトを奪った後、サーバーに入ったオヌマーのサービスエースや中村のスパイクなどで連続4得点を挙げて15-10、点差を5点に拡大。しかし中盤、互いに得点を重ねていきますが、再び要所で連続失点を喫し、23-21と詰め寄られます。以降、サイドアウトを繰り返し、最後は相手のスパイクミスで25-22。第2セットも連取します。

    ストレートで決めたい第3セット。JTマーヴェラスが先制点を奪います。その後、一進一退の攻防戦が続きますが、3-2の場面で連続2失点を喫し、3-4と逆転されます。JTマーヴェラスは、奥村のブロードや第3セットからコートに入った金杉のスパイクなどで得点を加算していきますが、なかなか相手の背中を捕えることができません。しかし7-9の場面、芥川の速攻でサイドアウトを奪うと、サーバーに立った金杉のサービスエースや芥川と中村の2枚ブロック、田中(瑞)のスパイクなどで連続5得点を挙げて逆転し、12-9とリードを広げます。その後、互いにサイドアウトを繰り返した13-11の場面。田中(瑞)のダイレクトスパイクでサイドアウトを奪うと、芥川と田中(美)の2枚ブロックなどで連続3得点を挙げて16-11、5点の差をつけます。しかしここから、JTマーヴェラスは相手の勢いに押されてしまいます。2回目のテクニカルタイムアウト後、ラリーが続く展開となる中、得点を挙げることができず、結果、連続5得点を許し、スコアは16-16のタイに。その後、一進一退の攻防戦となりますが、18-18の場面から徐々に試合の流れは相手へ。連続2失点を喫し18-20と逆転された後、芥川のダイレクトスパイクなどで得点を重ねるも、JTマーヴェラスは相手に傾いた流れを断ち切ることができず、21-25で第3セットを奪われてしまいます。

    勝負を決めたい第4セット。0-1の場面で中村のスパイクでサイドアウトを奪った後、流れは一気にJTマーヴェラスに。金杉のサーブを起点に中村が2得点、田中(瑞)が1得点を挙げ連続5得点、5-1とリードします。その後、互いにサイドアウトを繰り返すも、8-4の場面で田中(瑞)のスパイクでサイドアウトを奪うと、金杉のスパイクなどで連続5得点を挙げ、13-4と点差を広げていきます。その後も奥村の速攻などで得点を加算していきますが、途中、相手の粘り強さに押され、連続3失点を喫して14-8と6点差に。その後、互いに得点を重ねた16-10の場面。田中(瑞)のスパイクでサイドアウトを奪うと、奥村と中村の2枚ブロックと田中(瑞)の1枚ブロックで連続3得点を挙げて19-10。直後に1点を返されるも、中村のスパイクで再びサイドアウトを奪った後は、中村のサーブを起点に奥村と第4セットからコートに入った山本の2枚ブロックや田中(瑞)のスパイク、奥村のダイレクトなどで連続6得点を挙げて25-11。第4セットを奪い、セットカウント3-1でJTマーヴェラスが勝利を飾りました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス