JTマーヴェラス

2016/17V・プレミアリーグ 第1Leg 東レアローズ戦結果

「2016/17V・プレミアリーグ」第1Leg、東レアローズ戦の結果をご紹介しています。

スコア

11月6日(日) 川越総合運動公園体育館(埼玉)
JTマーヴェラス
東レアローズ
JTマーヴェラス 3 25-20
25-22
25-17
0 東レアローズ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
114 50 6 43.9% アタック 118 40 6 33.9%
12 3 2 25.0% (内バックアタック) 6 2 1 33.3%
- 5 - 1.67本 ブロック - 6 - 2.00本
73 0 5 10.3% サーブ 61 2 9 12.4%
- - - 52.9% サーブレシーブ - - - 58.8%
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (5)
    位田

    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)

    (9)
    金杉

    L井上
    第2セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (9)
    金杉

    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)



    L井上
    第3セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (5)
    位田

    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)

    (9)
    金杉

    L井上
  • マッチレビュー

    持ち前の“全員バレー”でストレート勝利

    「2016/17V・プレミアリーグ」第1Leg第3戦。JTマーヴェラスは、東レアローズとの一戦に臨みました。

    第1セットは立ち上がり早々に、1-6と相手にリードを許します。しかし、田中(瑞)と寺井の2枚ブロックで相手のスパイクをシャットアウトすると、続いて寺井のサーブを起点に連続3得点。5-6と接戦に持ち込むと、セット中盤、10-11の場面からは、オヌマーの強烈なジャンプサーブを起点に連続3得点を挙げ、13-11。逆転に成功します。その後は、一進一退の攻防が続きますが、終盤に寺井の連続ブロード攻撃などでブレークポイントを重ねたJTマーヴェラスが25-20で第1セットを先取します。

    続く第2セット。JTマーヴェラスは、中村の力強いスパイクやオヌマーの豪快なバックアタックなどで得点を重ねていきますが、粘る相手を前にセット終盤までなかなか点差を広げることができません。20-19と拮抗した展開のまま終盤を迎えますが、奥村が連続でスパイクを決めて頭一つ抜け出すと、最後も奥村のスパイクでセットポイントを奪い25-22。第2セットも連取します。

    このまま試合を決めたい第3セット。JTマーヴェラスは、持ち前の“全員バレー“で相手のスパイクを粘り強く拾い、オヌマーや中村、田中(瑞)らの攻撃で、リードを広げていきます。結局最後まで相手に流れを渡すことなく、25-17でゲームセット。セットカウント3-0のストレートで勝利しました。
  • コメント

    オヌマー・シッティラック選手

    昨日はフルセットの末に負けてしまったのですが、選手全員が気持ちを切り替えて試合に挑むことができました。選手それぞれのスキルを発揮して勝利をつかむことができたと思います。これからも厳しい試合が続くと思います。私たちはこれまでハードな練習に取り組んできましたが、これからも継続してスキルを磨き、どのチームが相手でも負けないようにしたいと思います。

    吉原知子監督

    序盤から東レアローズさんのサーブに崩され、思い通りの攻撃展開ができませんでしたが、ブロックとレシーブの関係性を高め、粘り強く戦うことができました。まだまだ課題はありますが、昨日の敗戦から気持ちを切り替え、高い集中力を保って戦えたことは評価したいと思います。来週以降も厳しい戦いが続きますが、われわれのやるべきことを徹底していけるよう準備していきたいです。たくさんの応援ありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス