JTマーヴェラス

2016/17V・プレミアリーグ 第1Leg NECレッドロケッツ戦結果

「2016/17V・プレミアリーグ」第1Leg、NECレッドロケッツ戦の結果をご紹介しています。

スコア

11月19日(土) ひたちなか市総合運動公園総合体育館(茨城)
JTマーヴェラス
NECレッドロケッツ
JTマーヴェラス 0 19-25
17-25
20-25
3 NECレッドロケッツ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
125 37 5 29.6% アタック 120 52 4 43.3%
7 2 0 28.6% (内バックアタック) 12 4 2 33.3%
- 5 - 1.67本 ブロック - 8 - 2.67本
57 1 5 8.4% サーブ 74 4 6 14.0%
- - - 59.1% サーブレシーブ - - - 69.2%
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマ−

    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)

    (9)
    金杉

    L井上
    第2セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマ−

    (9)
    金杉
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (5)
    位田
    (16)
    山本
    L井上
    第3セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (7)
    田中(美)

    5
    位田
    3
    奥村
    16
    山本


    (14)
    橘井
    L井上
  • マッチレビュー

    リズムをつかむことができず、今シーズン初のストレート負け

    「2016/17V・プレミアリーグ」第1Leg第6戦。JTマーヴェラスはNECレッドロケッツとの戦いに挑みました。

    第1セット、中盤まで互いに譲らぬ一進一退の試合が展開されます。しかし、15-15の同点の場面から連続4失点を喫すると、その後も相手のスパイクを止めることができず、ブレークポイントを許したJTマーヴェラス。結局19-25で第1セットを落としてしまいます。

    続く第2セット立ち上がり。JTマーヴェラスは、自らのミスも重なり0-5と相手に先行を許します。その後、オヌマーや奥村を中心に反撃に出ますが序盤で開いた点差を縮めることはできず、17-25で第2セットも奪われてしまいます。

    何としても取りたい第3セット。サイドからの攻撃を中心に相手を攻め立て、得点を重ねていきます。しかし、セット中盤以降はブレークに苦しみ、相手には逆にブレークポイントを重ねられ、12-17と点差を5点に広げられます。結局最後までその差を埋めることができず、20-25で第3セットも奪われ、悔しいストレート負けを喫してしまいました。
  • コメント

    吉原知子監督

    NECレッドロケッツさんの固いディフェンスを前に、攻撃がなかなか決まらずリズムに乗って戦うことができませんでした。また、相手の軟打を交じえた攻撃に対応しきれませんでした。ただ、その中でも、途中から交代で出場した選手たちがそれぞれの持ち味を発揮してくれたことはよかったと思います。明日は第1Leg最後の重要な試合となりますが、我々のやるべきことをしっかりと再確認し、いい準備をして臨みたいです。本日もたくさんの応援ありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス