JTマーヴェラス

2016/17V・プレミアリーグ 第2Leg トヨタ車体クインシーズ戦結果

「2016/17V・プレミアリーグ」第2Leg、トヨタ車体クインシーズ戦の結果をご紹介しています。

スコア

12月3日(土) 岡崎中央総合公園総合体育館(愛知)
JTマーヴェラス
トヨタ車体クインシーズ
JTマーヴェラス 1 19-25
26-24
20-25
20-25
3 トヨタ車体クインシーズ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
152 54 3 35.5% アタック 140 62 9 44.3%
11 4 1 36.4% (内バックアタック) 21 7 0 33.3%
- 5 - 1.25本 ブロック - 19 - 4.75本
86 4 12 13.8% サーブ 98 2 7 12.0%
- - - 56.2% サーブレシーブ - - - 49.3%
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (2)
    高橋

    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)



    L井上
    第2セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (16)
    山本
    (2)
    高橋

    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)


    (14)
    橘井
    L井上
    第3セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (13)
    小川
    (5)
    位田
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)



    L井上
    第4セット
    4
    中村
    13
    小川
    5
    位田
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)


    (16)
    山本
    L井上(L)小幡
  • マッチレビュー

    リズムをつかめず今シーズン初の連敗

    「2016/17V・プレミアリーグ」第2Leg第3戦。JTマーヴェラスは、トヨタ車体クインシーズとの一戦に挑みました。

    第1セット序盤、JTマーヴェラスは、サイド攻撃を中心に得点を重ねていきます。しかし、1点リードで迎えた12-11の場面から連続4失点を喫すると、試合の流れは相手チームへ。以降、JTマーヴェラスは最後まで主導権を取り返すことができず19-25で第1セットを落としてしまいます。

    第2セットは先制点こそ奪うものの、直後に連続6失点を喫し、1-6と立ち上がり早々に5点のリードを許してしまいます。しかし、オヌマーや田中(瑞)らが次々にスパイクを決め、セット中盤から終盤にかけて徐々に点差を縮めていったJTマーヴェラス。23-24の場面から相手のミスでジュースに持ち込むと、最後は田中(瑞)が連続でスパイクを決めて26-24とし、逆転で第2セットを奪い返します。

    続く第3セット。4-5の場面から連続失点を喫すると、以降も要所でブレークポイントを許し、少しずつ点差を広げられます。結局、JTマーヴェラスは最後まで自分たちのリズムをつかむことができず、20-25で第3セットを奪われてしまいます。

    何としても取り返したい第4セット。しかし、立ち上がり早々に連続失点を喫し、相手の背中を追いかける形で試合が進みます。JTマーヴェラスは、田中(瑞)や位田のスパイク、奥村の速攻などで追いすがりますが、最後まで相手を捉えることはできず。20-25で第4セットを落とし、セットカウント1-3で敗れてしまいました。
  • コメント

    吉原知子監督

    序盤からトヨタ車体クインシーズさんの勢いに押され受身の試合展開になってしまいました。第2セットは粘り強く戦い終盤に逆転できましたが、試合を通して攻めの姿勢が足りませんでした。明日も試合は続きますが、しっかりと課題を修正し、チーム全体で戦う準備をしていきたいです。本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス