JTマーヴェラス

2016/17V・プレミアリーグ 第2Leg 久光製薬スプリングス戦結果

「2016/17V・プレミアリーグ」第2Leg、久光製薬スプリングス戦の結果をご紹介しています。

スコア

12月4日(日) 岡崎中央総合公園総合体育館(愛知)
JTマーヴェラス
久光製薬スプリングス
JTマーヴェラス 0 21-25
16-25
18-25
3 久光製薬スプリングス
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
120 40 10 33.3% アタック 113 43 6 38.1%
10 3 0 30.0% (内バックアタック) 11 2 2 18.2%
- 3 - 1.00本 ブロック - 10 - 3.33本
56 2 7 10.8% サーブ 74 4 3 12.6%
- - - 63.8% サーブレシーブ - - - 64.6%
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    中村
    13
    小川
    6
    オヌマー
    (2)
    高橋

    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)



    L井上(L)小幡
    第2セット
    4
    中村
    13
    小川
    6
    オヌマー
    (16)
    山本


    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (5)
    位田

    (14)
    橘井
    L小幡
    第3セット
    4
    中村
    13
    小川
    6
    オヌマー

    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)

    (2)
    高橋

    L小幡
  • マッチレビュー

    リベンジ果たせずストレート負け

    「2016/17V・プレミアリーグ」第2Leg第4戦。第1Legでフルセットの末に敗れている久光製薬スプリングスとの一戦に挑みました。

    第1セット序盤。JTマーヴェラスは、オヌマーと田中(瑞)のスパイク、中村のサービスエースなどで得点を奪い、5-2とスタートダッシュに成功します。直後に連続5失点を喫し逆転を許すも試合は拮抗した展開のまま終盤へ突入。しかし、17-18の場面からまたも連続5失点を喫すると、追いつくことができず21-25で第1セットを奪われてしまいます。

    続く第2セット。序盤から相手のスパイクを止めることができず、6-15と9点の大量リードを許してしまいます。終盤にかけてはオヌマーや中村、奥村のスパイクなどで反撃に出ますが、序盤で許した点差が大きな壁となり、結局16-25で第2セットも落としてしまいます。

    後のない第3セット。立て続けにスパイクを止められ、3-7と相手の先行で試合は進みます。JTマーヴェラスは、奥村や小川の速攻に加え、田中(瑞)やオヌマーのスパイクなどで反撃に出ますが、自分たちのミスも重なって18-25で第3セットも奪われ、ストレート負け。第1Legの借りを返すことはできませんでした。
  • コメント

    吉原知子監督

    久光製薬スプリングスさんの攻撃に苦しめられ、相手ペースの試合展開になってしまいました。試合の中でディフェンスが機能した場面もありましたが、その後の攻撃の精度が低く、リズムをつかみ切れませんでした。第2Legに入り苦しい戦いが続きますが、しっかりと前を向き、やるべきことを徹底できるようにしていきたいです。本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス