JTマーヴェラス

平成28年度 天皇杯・皇后杯 ファイナルラウンド2回戦 大阪体育大学戦結果

「平成28年度 天皇杯・皇后杯」ファイナルラウンド2回戦 大阪体育大学戦の結果をご紹介しています。

スコア

12月17日(土) 東京体育館(東京)
JTマーヴェラス
大阪体育大学
JTマーヴェラス 3 25-16
25-23
25-11
0 大阪体育大学
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (2)
    高橋
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (14)
    橘井
    L小幡
    第2セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (5)
    位田
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (2)
    高橋
    L小幡
    第3セット
    4
    中村
    8
    寺井
    6
    オヌマー
    (14)
    橘井
    (9)
    金杉
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (5)
    位田
    L小幡
  • マッチレビュー

    攻守に渡って圧倒し、ストレート勝利を収める

    「平成28年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会」ファイナルラウンドの2回戦から登場したJTマーヴェラス。大阪体育大学との一戦に挑みました。

    第1セット。JTマーヴェラスは立ち上がりから試合を優位に進めていきます。セッター・田中(美)がサイドアタッカー陣をメインに攻撃を組み立て、得点を重ねていくと、9-3と序盤で大きくリード。以降も要所でブレークポイントを奪い、25-16で第1セットを奪います。

    続く第2セットも立ち上がり早々に5-2と先行しますが、直後に連続6失点。5-8と3点のリードを許し、相手の背中を追いかける形で試合が進みます。しかし、JTマーヴェラスはオヌマーや田中(瑞)を中心にスパイクを決め、徐々に点差を縮めていくと、18-18の同点の場面から相手のミスで逆転。その後も着実に得点を重ね、25-23で第2セットも連取します。

    このまま勝負を決めたい第3セット。互いに得点を重ね、5-4とした場面から中村の鋭いサーブで相手のサーブレシーブを崩し、ノータッチエースとサービスエースを含む連続6得点。11-4と序盤で一気に7点差を付けると、以降も連続得点を重ね、相手に付け入る隙を与えることなく試合を展開します。結局25-11と大差で第3セットを奪い、ストレート勝利を収めました。
  • コメント

    田中瑞稀選手

    第1・3セットはうまくサーブで攻め、リズムよく試合を進めることができたと思います。しかし、第2セットは中盤で自分たちのミスから相手に流れを渡してしまったので、そういうところを修正していかなければいけません。明日以降は、V・プレミアリーグで戦っているチームとの戦いになると思いますが、相手がどこであろうと自分たちのバレーボールを展開して戦っていきたいと思います。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス