JTマーヴェラス

2016/17V・プレミアリーグ 第3Leg トヨタ車体クインシーズ戦結果

「2016/17V・プレミアリーグ」第3Leg、トヨタ車体クインシーズ戦の結果をご紹介しています。

スコア

1月29日(日) 岡山県総合グラウンド体育館<ジップアリーナ岡山>(岡山)
JTマーヴェラス
トヨタ車体クインシーズ
JTマーヴェラス 3 26-24
25-21
25-15
0 トヨタ車体クインシーズ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
125 42 6 33.6% アタック 112 33 4 29.5%
10 3 2 30.0% (内バックアタック) 28 5 3 17.9%
- 12 - 4.00本 ブロック - 6 - 2.00本
75 4 7 13.1% サーブ 61 1 8 7.5%
- - - 69.2% サーブレシーブ - - - 59.1%
  • 出場メンバー

    第1セット
    11
    田中(瑞)
    4
    中村
    8
    寺井

    (5)
    位田
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    6
    オヌマー
    (2)
    高橋

    (10)
    井上
    L小幡
    第2セット
    11
    田中(瑞)
    4
    中村
    8
    寺井

    (2)
    高橋
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    6
    オヌマー
    (5)
    位田


    L小幡
    第3セット
    11
    田中(瑞)
    4
    中村
    8
    寺井

    (2)
    高橋
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    6
    オヌマー
    (5)
    位田


    L小幡
  • マッチレビュー

    ストレート勝利を収めV・レギュラーラウンドを4位で終える

    「2016/17V・プレミアリーグ」V・レギュラーラウンド最終戦。JTマーヴェラスは、トヨタ車体クインシーズとの一戦に挑みました。

    第1セット。序盤から拮抗した展開が繰り広げられる中、1点リードで迎えた7-6の場面。奥村のサーブで相手のリズムを崩すと、田中(美)とオヌマー、そして寺井が立て続けにブロックを決めて10-6とし、リードを4点に広げます。このまま試合を優位に進めたいところでしたが、中盤に差を詰められ、18-18の同点に追いつかれてしまいます。以降は互いに譲らず、試合はジュースに突入。しかし、相手のミスで25-24とし、セットポイントを迎えると、最後は田中(美)と寺井の2枚ブロックで得点を挙げ、26-24で第1セットを奪います。

    続く第2セット。立ち上がりこそサイドアウトの応酬となりますが、4-4の場面から相手の3連続ミスで7-4とリードを奪います。そのまま序盤はリードを守って試合を展開しますが、16-12で迎えたテクニカルタイムアウト明け後に連続4失点を喫し、16-16の同点に追いつかれてしまいます。しかし、互いに4点ずつ加えて迎えた20-20の場面から流れはJTマーヴェラスへ。相手のスパイクをブロックにかけて攻撃へと転じ、得点を重ねていきます。結局、相手が1点を奪う間に5点を挙げ、25-21で第2セットも連取します。

    勝負を決めたい第3セット。立ち上がりこそわずかにリードを許しますが、4-6の場面から田中(瑞)のバックアタックやオヌマーのブロックなどで連続4得点を奪い、8-6。序盤で逆転に成功すると、流れはJTマーヴェラスに傾きます。14-11と3点リードで迎えた場面では、中村のノータッチエースを含む連続6得点を挙げ、20-11とリードを9点に広げます。そのまま終盤まで危なげなく試合を展開すると、最後は寺井がブロード攻撃を決めて25-15。ストレート勝利を収め、V・レギュラーラウンドを4位で終えました。
  • コメント

    奥村麻依選手

    試合前に、昨日の試合で反省点として挙げていたブロックとレシーブの関係をしっかりやっていこうと全員で話して試合に挑みました。また、うまく決めさせないためにサーブで攻めていこうと話していたので、それらのことを徹底してプレーできたことが勝利につながったと思います。次の試合からファイナル6が始まりますが、私たちの課題として、試合の出だしが悪いときがあるので、そういうところを無くしていけるように頑張りたいと思います。

    吉原知子監督

    トヨタ車体クインシーズさんの攻撃力に苦しめられましたが、ブロックとレシーブの関係をしっかり確認しながら対応して戦うことができました。また、長くラリーが続く場面でも粘り強く戦えたことも勝ちにつながったと思います。ファイナル6で、今よりも精度の高いバレーボールを展開していけるよう、チーム一丸となって日々の練習に取り組んでいきたいです。本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス