JTマーヴェラス

2016/17V・プレミアリーグ ファイナル6 トヨタ車体クインシーズ戦結果

「2016/17V・プレミアリーグ」ファイナル6、トヨタ車体クインシーズ戦の結果をご紹介しています。

スコア

2月18日(土) 福岡市民体育館(福岡)
JTマーヴェラス
トヨタ車体クインシーズ
JTマーヴェラス 0 26-28
23-25
21-25
3 トヨタ車体クインシーズ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
136 45 5 33.1% アタック 142 52 8 36.6%
6 1 1 16.7% (内バックアタック) 31 9 2 29.0%
- 9 - 3.00本 ブロック - 11 - 3.67本
72 1 5 7.0% サーブ 76 4 4 1.23%
- - - 67.1% サーブレシーブ - - - 74.6%
  • 出場メンバー

    第1セット
    11
    田中(瑞)
    4
    中村
    8
    寺井


    (10)
    井上
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    14
    橘井
    (19)
    柴田


    L小幡
    第2セット
    11
    田中(瑞)
    4
    中村
    8
    寺井


    (10)
    井上
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    6
    オヌマー

    (14)
    橘井
    L小幡
    第3セット
    11
    田中(瑞)
    4
    中村
    8
    寺井
    (19)
    柴田

    3
    奥村
    7
    田中(美)
    14
    橘井
    (12)
    安藤
    (5)
    位田
    L小幡
  • マッチレビュー

    相手外国人選手に苦しめられ連敗

    「2016/17V・プレミアリーグ」V・ファイナルステージ(ファイナル6)第2戦。JTマーヴェラスは、V・レギュラーラウンド5位のトヨタ車体クインシーズとの一戦に挑みました。

    第1セット立ち上がり。JTマーヴェラスは、奥村と田中(瑞)の連続ブロックなどで3-1とし、リードして試合を進めます。しかし、相手の攻撃に苦しめられ、序盤に9-9と追いつかれると、以降は拮抗した展開に。互いに譲らぬ攻防は終盤まで続き、試合はジュースに突入。しかし、26-26の場面から、相手の外国人選手に連続でスパイクを決められ、26-28で第1セットを落としてしまいます。

    第2セットは序盤から中盤にかけてサイドとセンターを織り交ぜた多彩な攻撃で得点を重ね、16-10と大きくリードを奪います。しかし、終盤戦で失速。外国人選手を中心とした相手の攻撃を止めることができず、連続失点を喫します。20点台目前で19-19の同点に追いつかれると、以降は相手チームのペースで試合が進み、23-25で第2セットも奪われてしまいます。

    後がない第3セット。JTマーヴェラスは、奥村の連続ブロックなどで7-4と3点のリードを奪います。しかし、直後に相手外国人選手のサーブに苦しめられ、連続6失点。7-10と逆転を許すと、以降も要所で連続失点を喫し、14-21と7点差をつけられて終盤を迎えます。直後には、位田や安藤のスパイクなどで連続4得点を挙げる場面もありましたが、結局追いつくことはできず、21-25。第3セットも奪われ、悔しいストレート負けを喫しました。
  • コメント

    吉原知子監督

    各セットとも序盤はトヨタ車体クインシーズさんの攻撃に対応しながら戦えていましたが、中盤以降はポリーナ・ラヒモワ選手のサーブとスパイクに苦しめられ、相手ペースで試合が進み、悔しい結果となりました。しかし、その中で最後まで粘り強く戦えたことはよかったと思います。来週の試合に向けて、チーム全員で課題に取り組み、よい準備をしていきたいです。本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス