試合
GAME

第66回黒鷲旗 グループ戦 第2戦 鹿屋体育大学戦結果

「第66回黒鷲旗 グループ戦」第2戦 鹿屋体育大学戦の結果をご紹介しています。

スコア

5月3日(水・祝) 大阪市中央体育館(大阪)
JTマーヴェラス
鹿屋体育大学
JTマーヴェラス 3 25-20
25-14
25-13
0 鹿屋体育大学
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    中村
    8
    寺井
    14
    橘井
    (2)
    高橋
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    L小幡
    第2セット
    4
    中村
    8
    寺井
    14
    橘井
    (12)
    安藤
    (5)
    位田
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    L小幡
    第3セット
    4
    中村
    8
    寺井
    14
    橘井
    (12)
    安藤
    11
    田中(瑞)
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (2)
    高橋
    (16)
    山本
    L小幡
  • マッチプレビュー

    グループ戦連勝! サーブでつかんだ主導権

    鹿屋体育大学とのグループ戦第2戦に挑んだJTマーヴェラス。

    第1セットは立ち上がりから互いに得点を奪い合う拮抗した展開に。JTマーヴェラスは中村や田中(瑞)、橘井らサイド陣のスパイクを軸に攻勢をかけていきますが、一方の相手も譲らず一進一退の攻防はセット終盤まで続きます。最後に抜け出したのはJTマーヴェラス。相手のミスで21-20とした場面から橘井のスパイクや奥村のスパイクなどで4得点を挙げ、25-20でこのセットを競り勝ちます。

    第2セットに入ると、試合の流れは一気にJTマーヴェラスへ傾きます。立ち上がりで4-1とリードを奪うと、その後も寺井の速攻や田中(瑞)のバックアタックなど前後中央から多彩な攻撃を仕掛けて着実にブレークポイントを重ね、じわじわと点差を拡大。16-11の場面からは奥村と位田のスパイクなどで連続4得点を挙げ、20-11と相手を引き離すと、最後まで勢いは衰えず25-14で第2セットも連取します。

    迎えた第3セット、JTマーヴェラスは5-4の場面から田中(瑞)のサーブを起点に怒涛の攻勢をかけます。2本のサービスエース、田中(瑞)と中村のバックアタックなどで一挙7得点。12-4と大量リードを奪うと、スコアが進んた15-8の場面からは位田のサーブが走り、連続5得点を演出。圧巻の攻めで20-8と試合の流れを決定づけると、最後は奥村が相手の攻撃をブロックで仕留め、25-13。前日に続きストレート勝利でグループ戦2戦目を挙げました。
  • コメント

    寺井有美選手

    スタートからサーブで攻めることができ、ブロックで相手にしっかりプレッシャーをかけることができたと思います。初戦よりも、バックアタックを絡めた全員攻撃ができていたので、今後も精度の高いバレーボールを継続していきたいです。
JTマーヴェラス