JTマーヴェラス

2017V・サマーリーグ グループ戦(1日目) 大阪スーペリアーズ戦結果

「2017V・サマーリーグ」グループ戦(1日目) 大阪スーペリアーズ戦をご紹介しています。

スコア

7月7日(金) 串良平和アリーナ(鹿児島)
JTマーヴェラス
大阪スーペリアーズ
JTマーヴェラス 2 25-14
25-22
0 大阪スーペリアーズ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    17
    木村
    1
    芥川
    14
    橘井
    (7)
    田中(美)


    11
    田中(瑞)
    8
    寺井
    16
    山本


    (9)
    金杉
    L
    第2セット
    17
    木村
    1
    芥川
    14
    橘井
    (7)
    田中(美)


    11
    田中(瑞)
    8
    寺井
    16
    山本


    (9)
    金杉
    L
  • マッチレビュー

    新生マーヴェラス「2017V・サマーリーグ」を白星発進!

    今シーズン初の公式戦となる「2017V・サマーリーグ」。新生JTマーヴェラスは、大阪スーペリアーズとの初陣に挑みました。

    第1セット立ち上がり、JTマーヴェラスは木村、芥川のブロック、山本のサービスエースで4点先取と幸先のいいスタートを切ります。その後も、田中(瑞)、芥川、橘井のアタックなどで着実に得点を重ね12-6と点差を広げます。流れに乗ったJTマーヴェラスは終盤にかけても攻撃の手を緩めず連続得点を重ね、25-14と大差で第1セットを先取しました。

    第1セットの良い流れを継続したいJTマーヴェラスですが、第2セットは少々苦戦を強いられます。序盤は相手のミスにも助けられ8-6と先行します。しかし、ここから猛攻にあい9-13と逆転を許すと中盤以降も相手リードで試合は進みます。それでも迎えた19-19の場面。橘井のスパイクなどで連続得点を挙げ、21-19とリードを奪うとそのまま逃げ切り25-22でサマーリーグ初戦を白星で飾りました。
  • コメント

    橘井友香選手

    今日は個人的に「サーブレシーブを安定させる」というテーマを持って試合に挑みました。チームは2-0で勝利しましたが、サーブレシーブが乱れる場面が多かったので、課題を修正し個人としてもチームとしても満足のいく試合ができるよう頑張っていきます!
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス