JTマーヴェラス

2017V・サマーリーグ グループ戦(2日目) フォレストリーヴズ熊本戦結果

「2017V・サマーリーグ」グループ戦(2日目) フォレストリーヴズ熊本戦をご紹介しています。

スコア

7月8日(土) 串良平和アリーナ(鹿児島)
JTマーヴェラス
フォレストリーヴズ熊本
JTマーヴェラス 0 21-25
23-25
2 フォレストリーヴズ熊本
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
- - - - アタック - - - -
- - - - (内バックアタック) - - - -
- - - - ブロック - - - -
- - - - サーブ - - - -
- - - - サーブレシーブ - - - -
  • 出場メンバー

    第1セット
    17
    木村
    1
    芥川
    14
    橘井
    (7)
    田中(美)


    11
    田中(瑞)
    8
    寺井
    16
    山本


    (9)
    金杉
    L
    第2セット
    17
    木村
    1
    芥川
    14
    橘井
    (7)
    田中(美)


    11
    田中(瑞)
    8
    寺井
    16
    山本


    (9)
    金杉
    L
  • マッチレビュー

    自分たちのミスから相手から流れを引き戻せず

    予選グループ(2日目)第4戦はフォレストリーブズ熊本との試合に挑みました。

    第1セット序盤から相手ペースで試合が進み、2-7と先行を許します。JTマーヴェラスは2度タイムアウトを取るも相手の猛攻を抑えることができず連続失点。11-19と差をつけられた中盤には田中(美)と金杉がコートイン。この交代が功を奏し金杉の連続得点で16-21と徐々に点差を縮めます。芥川の速攻&ブロックと橘井のブロックで連続3得点を挙げ流れがJTマーヴェラスに向いてきたかと思われましたが、20-22まで詰めた点差はその後縮まらず第1セットを21-25と落としてしまいます。

    第2セットは序盤から中盤にかけて、攻守で安定したプレーを見せペースを取り戻しますが、相手も粘り、終盤まで拮抗した展開となります。試合も大詰めを迎えた場面、寺井のアタックが決まり23-22とJTマーヴェラスが逆転しますが、その後はミスが続き第2セットを23-25と連続でセットを落とし、グループ戦を2勝2敗で終えたJTマーヴェラス。3日目の順位決定戦を西部大会Aグループ3位のチームと5位をかけて戦います。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス