JTマーヴェラス

2017/18V・プレミアリーグ 第1Leg NECレッドロケッツ戦結果

2017/18V・プレミアリーグ 第1Leg NECレッドロケッツ戦をご紹介しています。

スコア

11月4日(土) 西尾市総合体育館(愛知)
JTマーヴェラス
NECレッドロケッツ
JTマーヴェラス 1 25-23
20-25
19-25
16-25
3 NECレッドロケッツ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
146 41 7 28.1% アタック 156 57 6 36.5%
14 5 0 35.7% (内バックアタック) 29 11 2 37.9%
- 9 - 2.25本 ブロック - 9 - 2.25本
81 0 8 6.2% サーブ 97 7 16 11.6%
- - - 45.5% サーブレシーブ - - - 48.6%
  • 出場メンバー

    第1セット
    4
    橘井
    1
    芥川
    9
    ミハイロヴィッチ

    (16)
    山本

    6
    金杉
    3
    奥村
    5
    柴田
    (10)
    井上



    L小幡
    第2セット
    4
    橘井
    1
    芥川
    9
    ミハイロヴィッチ



    6
    金杉
    3
    奥村
    5
    柴田
    (10)
    井上

    (7)
    田中(美)
    L小幡
    第3セット
    4
    橘井
    1
    芥川
    9
    ミハイロヴィッチ

    (13)
    小川

    6
    金杉
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (10)
    井上


    L小幡
    第4セット
    4
    橘井
    13
    小川
    9
    ミハイロヴィッチ



    6
    金杉
    3
    奥村
    7
    田中(美)
    (10)
    井上
    (16)
    山本
    (17)
    木村
    L小幡
  • マッチレビュー

    サーブで崩され、自分たちのバレーができずに2敗目

    「2017/18V・プレミアリーグ」第1Leg第4戦。JTマーヴェラスはNECレッドロケッツとの戦いに挑みました。

    第1セット、序盤から一進一退の攻防が続きます。JTマーヴェラスは4-3と先手を奪うも相手チームのアタック、サービスエースで連続2失点を喫し4-5と逆転されますが、金杉のブロックなどで連続得点、JTマーヴェラスが8-6で1回目のテクニカルタイムアウトを迎えます。テクニカルタイムアウト後はミハイロヴィッチのアタックでさらに1点を追加し9-6とJTマーヴェラスが引き離しにかかると、たまらず相手チームが1回目のタイムアウト。その後も一進一退の攻防が続きますが、同点に追いつかれることなくJTマーヴェラスが25-23で1セット目を先取します。

    第2セットも流れを維持したいJTマーヴェラスですが、2点先取はしたものの相手チームのサービスエースで失点してから、流れを一気に奪われます。JTマーヴェラス1回目のタイムアウト後、奥村のアタックで5-8とし、流れを戻したいJTマーヴェラスですが、相手チームの猛攻に遭い、点差をどんどん広げられます。7点差をつけられた8-15の時点で2回目のタイムアウトを取り、その後は、金杉・奥村のアタックで徐々に点差を詰めにかかりますが、終盤に差し掛かっても相手チームのアタックで失点を喫し、20-25で第2セットを奪われます。

    第3セットは流れそのままに、序盤から相手チームのアタックで連続失点を喫し6-13。JTマーヴェラスは主導権を奪うことができません。直後にミハイロヴィッチ、橘井のアタックが決まり連続2得点を挙げて8-13としますが、相手チームのアタックとブロックに阻まれ、終盤に向けて点差を縮めることができず19-25と3セット目も奪われます。

    後のない第4セット、引き続き一進一退の攻防が続きますが、中盤に相手チームのサーブ、アタックに翻弄されて引き離されていきます。しかしJTマーヴェラスも奥村、金杉、ミハイロヴィッチのアタックで勢いをつけ、12-14。その後も反撃を試みようとしますが、相手チームのタイムアウト後に再び流れを奪われ、連続失点を喫し13-19と6点差をつけられます。この流れを最後まで変えることができず、第4セットを16-25で奪われます。

    最後までJTマーヴェラスのバレーボールができず、セットカウント1-3で今シーズン2敗目を喫しました。
  • コメント

    吉原知子監督

    相手チームのブロックとレシーブの前になかなか攻撃が決まらず、いいリズムで戦うことができませんでした。また、相手の攻撃に対してこちらのディフェンスが全く対応できずに決められることが多かったです。明日も試合があるので気持ちを切り替えて、しっかりと準備して臨みたいと思います。本日はたくさんの応援ありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス