JTマーヴェラス

2017/18V・プレミアリーグ ファイナル6 デンソーエアリービーズ戦結果

2017/18V・プレミアリーグ ファイナル6 デンソーエアリービーズ戦をご紹介しています。

スコア

2月17日(土) 津市産業スポーツセンター(三重)
JTマーヴェラス
デンソーエアリービーズ
JTマーヴェラス 3 25-23
25-15
25-18
0 デンソーエアリービーズ
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
107 57 11 53.3% アタック 109 36 6 33.0%
12 6 2 50.0% (内バックアタック) 7 3 0 42.9%
- 4 - 1.33本 ブロック - 3 - 1.00本
73 2 6 8.2% サーブ 58 0 5 3.0%
- - - 70.8% サーブレシーブ - - - 56.7%
  • 出場メンバー

    第1セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村


    (4)
    橘井
    1
    芥川
    11
    目黒
    6
    金杉
    (13)
    小川

    (10)
    井上
    L小幡
    第2セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村



    1
    芥川
    11
    目黒
    6
    金杉
    (13)
    小川

    (10)
    井上
    L小幡
    第3セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村


    (4)
    橘井
    1
    芥川
    11
    目黒
    6
    金杉


    (10)
    井上
    L小幡
  • マッチレビュー

    全員バレーでストレート勝利!

    「2017/18V・プレミアリーグ」ファイナル6第3戦。JTマーヴェラスは、デンソーエアリービーズとの戦いに挑みました。

    第1セット、序盤から中盤にかけて一進一退の攻防が続き、両チームなかなか主導権を奪うことができません。試合が動いたのは、16-16で迎えた金杉のスパイク、17-16と一歩抜け出すと、その後は奥村、ミハイロヴィッチを中心に攻撃を重ね徐々に点差を広げます。最後は金杉のスパイクが決まり25-23。第1セットを先取します。

    続く第2セット、序盤から芥川、ミハイロヴィッチが効果的に得点を重ね、10-2と大きくリードを広げます。その後もバランス良く攻撃を展開し、相手に的を絞らせません。セットを通じて相手を圧倒し、25-15で第2セットを勝ち取ります。

    一気に試合を決めたい第3セット、このセットも序盤からバランスの良い攻撃を展開し、JTマーヴェラスが試合の主導権を握ります。その後、相手チームも連続得点を重ね、2回目のテクニカルタイムアウト時点で16-14と詰め寄られるものの、試合終盤、金杉、ミハイロヴィッチら攻撃陣が奮起し、24-18でマッチポイントを迎えます。最後は芥川の速攻が決まり、25-18。JTマーヴェラスがストレートで勝利を収めました。
  • コメント

    吉原知子監督

    相手の速い攻撃と強いサーブへの対策を選手たちがコートの中で十分に発揮してくれました。相手のストロングポイントを消すためにサーブを効果的に打つことと、相手が崩れた場面でのディフェンスを重点的に練習してきました。いずれにしても、本日の一戦に最高の準備をして戦えたことが、勝利につながったと思います。引き続き、明日の試合に向けて良い準備をして臨みたいです。
    寒い中、温かいご声援ありがとうございました。

    金杉由香選手

    今日の試合はファイナルラウンドに入ってから一番良い内容で勝つことができたと思います。今日の試合のように、サーブで攻めていき、勢いのあるゲーム運びをしていきたいです。
    たくさんのご声援ありがとうございました。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス